黒いスレ汚れの様なシミはシミ抜き剤や漂白剤では溶かす事の出来ない固形物質かも知れませんよ

ミクロの固形物質が生地の繊維に入り込んでいる黒いスレ汚れの様なシミの場合には物理的に取り除くしか方法がありません

はい、黒いススや茶色い砂がお洋服に付いてしまった場合には、先ずは乾いている状態か濡れている場合には乾燥させてからススや茶色い砂を叩いて弾き出します。

最初から水を使ってしまいますと、叩けば取れるハズのススや砂に水を使いますと水が浸透する事によって弾けて細かくなってしまい生地に浸透してしまい取れにくくなってしまうからです。

お花の花粉も同じく水を含んでしまいますと余計に細かい粒子に爆散してしまいますので注意が必要ですね。

おはようございますオノウエです。

この様な水にも油にも溶けない固形物質のシミの事を「不溶性のシミ」と言います。

 


水にも油にも溶けないので乾いている状態でのブラッシングか最終的には強烈なエアーや水流で弾き飛ばすしか取り除く方法が無くなってしまうのです

お家での黒いスレ汚れに気が付くシチュエーションとしては、もう洗ってしまってから干して乾かした時に気が付くパターンが殆どですよね。

その時点で既に生地には黒いススが浸透してしまっておりますので取り除く事が困難になっています。

ココで気を付けたいのが洗っても取り切れない「不溶性のシミ」は漂白しても取れないという事です。

お家でのお洗濯後の取り切れていない汚れに対しては、取り合えず漂白剤を使えば何とかなるだろうと考える方が多く取り合えず使ってしまうんですね。

その場合には「不溶性のシミ」である固形物汚れに対してはたいして効果がありませんので、それ以外の関係の無い部分に色落ちや色移り等のダメージを与えて仕舞う危険性があります。

そんな時には生地への反応が起こる負担の事も考えますと安易な漂白剤の使用は危険ですので、漂白剤を使用する時にはその使用効果をシッカリと把握してから使用致しましょう。

今回の何が付いてしまったのか分からないスレの様な黒ずみはきれいに取り除く事が出来ました。

お家でお洗濯しても染み抜きしてもどうにもならない時にはご相談下さいね♪

ではでは~。

【お家で洗っても取れない汚れやシミのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。