自動車のタイヤにはお洋服が当たるだけで黒い汚れが付いたり致します

黒い汚れはタイヤのカスですタイヤのカスはカーボンのススです

はい、「黒い汚れはタイヤのカスですタイヤのカスはカーボンのススです」ってなんだか早口言葉見たいになりました(笑)

ですが実際にそうなんですね。

しかし、車のタイヤにお洋服が当たる事ってあるんだろうか?

と思っていましたら確かにコートなどのアウターですと、手に持っていたりしてウロウロしていたら車のタイヤにかすったりする事もありそうですよね。

おはようございますオノウエです。

ススと言えば墨汁もそうですよね。
ですので、取り除き方も非常に似ています。

タイヤの汚れの中には汚れた油や水の他に固形の細かいススが入っています。
ヘタにいじるとススの細かい粒子が繊維に入り込んで取れなくなってしまう場合もあります。

と言う事で、
取れにくい黒いシミの正体は、「黒いカーボン」(スス)です。

水にも油にも溶けない黒いカーボンのスス汚れは物理的な力で取る

はい、カーボン(スス)は炭素です。
あのダイヤモンドも炭素で出来ておりますので水にも油にも溶ける訳がありませんよね。

溶けないからって力で分解しても、余計に細かくなって余計に繊維の奥まで入り込んで大変な事になります。

ですので、ここで言う物理的な力と言うのは「吹き飛ばす」!
もしくは、「何かにくっ付けて取る」という方法です。

この2つが最も有効な方法と言う事になります。

そして、
クリーニング屋さんには最新の機械や薬品がありますのでそれが可能です。

ですが、完全には取れない場合もあります。

その原因は、最初の1回目の処理でしっかりとススを生地から浮かせて取ってしまわないと、取り切れなかったススがより繊維の奥に残ってしまいます。

ですので、最初の1回目で取り切れない場合にはそれ以降は非常に取れにくくなるんですね。

ススのしみ抜き処理はプロでも難しいシミ抜きの一つなんです。
何でもそうですが、「最初の一手」は勝負の行方を決めるほど肝心ですよね!

もしも、タイヤの汚れがお洋服に付いてしまったら、「最初の一手」を自分で行なって取ろうとする前に1度ご相談下さいね~♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。