シミは時間が経つと性質が変質する事で生地を傷めてしまい色も変化させてしまいます

10数年前ぐらいの古いシミでも取り除く事が可能な場合が多いので諦めずにご相談下さいませ

はい、今回の事例では50年前のヴィンテージお洋服でかなり生地の劣化や色の変化が進んでおり、古い汚れは「復元加工」(特殊漬け込み処理)で取り除いた後に特殊な修正技法である「色修正(染色補正)」でお仕上げを致しました。

シミは時間が経つと性質が変質する事で生地の繊維を溶かしてしまい脆化させてしまいます。

おはようございますオノウエです。

それに伴って生地繊維の色(色素)も傷めてしまい色も変化させてしまい、二次被害である他のお品物への色移りや色抜けが発生してしまうのです。

 

時間が経ち周りの生地の色よりも濃い色の落ちにくそうな茶色や黄色やオレンジ色の状態になりました場合には要注意です

茶色や黄色やオレンジ色の状態にシミが変化する場合には、洗った時に取り切れなかった残留したシミや汚れによる色(色素)の劣化が原因なのです。

それ以外にも物理的な問題点としては時間が経ちますと生地の糸や縫製の縫い糸等が劣化して脆化してしまいちょっとした衝撃で繊維が切れやすくなってきます。

その状態で着用したり洗ったり致しますと繊維が切れて縫製が解けてしまう場合もあるんですね。

今回の場合には生地に多大な弊害が出る前にお預かり出来ましたので、「復元加工」(特殊漬け込み処理)で汚れを取り除いた後に「色修正(染色補正)」でお仕上げを致しました。

基本的には何年前のお品物でも染み抜きは可能ですが、生地の劣化が進んでいる場合ですと生地が耐え切れなくなり消失してしまう等のかなりの危険度を伴いますので慎重にお仕事させて頂く感じになります。

手間と時間が非常に掛かってしまう場合もありまして、お仕上がり期間を予想以上に長く頂く場合もありますので申し訳ございませんがその時には今暫くお待ちくださいませ。

お気に入りのお品物をもう少し長く使いたい時には是非ともご相談下さいね。

ではでは~。

「お洋服でもお洋服以外のお品物の染み抜きのお困り事ご相談はこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。