クリーニングのお仕事とはどういう事なのかを考えてみる

IMG_20150428_205305

 

クリーニング屋の仕事

はい、僕たちはクリーニングする事が、目的ではありません。

 

シミ抜きして洗濯して、キレイになったお洋服を着て、大好きなあの人との幸せな時間を過ごして頂く為に、クリーニング屋をしているのです。

 

おはようございます、シミ抜き修復師オノウエです。
『ありがとう』、の言葉がヤル気ですね。

 

お客様からの、「助かったわ~」や、「ほんまにありがとう!!」や、「落ちてる!」と、お言葉を頂戴した時に、やってて良かったクリーニング屋!って思います。

 

 

809e6447fe996143dabf2a3c1d745fd1

 

お洋服に対する思い

スタッフも皆、どうすればもっと喜んでいただけるかを考えながら、お仕事に取り組んでいます。

最近では僕自身も、店頭実演シミ抜きなどをよく行いますので、今まで以上に、お客様とお話しする機会が多くなりました。

お話していますと、なかには、「思い入れのあるマフラーなので、どうしてもシミを取ってほしいんです!」と、シミが付いた経緯とお品物に対する思いを、お客様からお伺いしている時に、気持ちが入り過ぎて、「ほんとに、何とかしてほしいんです!」と、涙するお客様もおられました。

もちろんキレイにしてお返しさせて頂き、大変喜んでいただきました。

 

この世に1つだけの思い。
そう言うと、大袈裟かもしれませんが。

 

お品物の中には、大事な方から頂いたお洋服であったり、ご家族の思い出のお洋服であったりと、思いの詰まったお品物もお受けいたします。

そんな時に期待にお答え出来るお仕事が出来て、喜んで頂くと、こちらもすごく嬉しくて幸せな気持ちになります。

 

沢山の中の一つではない

 

そうなんですよね、一つ一つのお洋服にはそれぞれの気持ちがいっぱい詰まっていますので、大事にしたいですよね。

ぜひ、お預かりの際にはお話いたしましょう、がんばってお仕事させて頂きますね♪

ではでは〜。

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す