かなり黄ばんでいる状態でも基本的に生地の傷みが酷くなければシミ抜き出来ますよ

いつ付いてしまったのかも見当がつかない数年前の黄ばみやシミでも落ちる可能性がありますよ

はい、今の衣替え時期ですとよくご相談頂きますのが白色や淡色のシャツ等の襟元や袖口の黄ばみが取れるのかと言うご相談です。

基本的にはいつどのように黄ばんだのかは中々特定は出来ませんが、生地さえ傷んでいなければしみ抜きは可能です。

生地はそう簡単には傷む事はありませんが、生地よりも先に縫い糸が劣化して切れてしまったりほつれたりする事はあります。

この冒頭の画像はかなりの時間が経ってしまった黄ばみですが分かりやすい様に半分だけ黄ばみを取りました。
こんな感じでキレイになります。

おはようございますオノウエです。
早めにシミ抜きするに越した事はありませんが、時間が経っていても取れる事がほとんどですので諦めないでご相談下さいね♪

短いですがこれにて!
では月曜日は週に一回の外回り行って来ます!

という訳でシミ抜きのご相談はコチラからお願い致しまーす♪

「襟の黄ばみが取れない時のメールでのお問い合わせ」

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。