お家のお洗濯でもしも色が出て他のお洋服に付いてしまったら慌てて漂白などはしない様に致しましょう

お洋服に色が移ってしまうのはナゼなのか?お家のお洗濯では色の濃いお洋服と薄いお洋服は必ず分けて洗いましょう

はい、先日にお受け致したのは高級ブランドの白いTシャツに一緒に洗ってしまった赤いお洋服の色が付いてしまい、ネットで見た色移りを取り除く方法を使い洗剤で洗ったり漂白してみたらどうしようもなくなってしまったので何とかして欲しいとのご依頼でした。

ちなみに今回の様な高級ブランドのTシャツともなりますと、購入価格が数万円以上も致しますお洋服ですので流石に諦めてしまうのはもったいないですよね。

お家でのお洗濯で水洗いが可能な場合には自分で洗うのは今や常識ですが、洗えるからと言っても慎重に洗わないとダメになってしまうお洋服も沢山あります。

お洋服の色は植物繊維素材でも化学繊維素材でも、色というのは糸や生地から染めている物(染料)と後から上に塗っている(顔料)物との2種類があります。

そのどちらもお洗濯時の条件によっては色が落ちる可能性はあります。

色が落ちる原因は生地や糸に色がしっかりと定着していない状態だったり、汚れや時間による劣化等で汚れの下にある色が既に弱っていたりするので洗った拍子に色が滲み出てしまいます。

以前は洗ってもなんともなかったお洋服でも、時間の経過や過度の汚れが付いてしまった時に強い洗い方や漂白処理をした場合にも色が取れて滲む事はあります。

おはようございますオノウエです。
先ずは色の濃いお洋服と色の薄いお洋服は必ず分けて洗う事が、お家でのお洗濯でもプロのお洗濯でも大前提の1番のお洗濯の基本である方法なのです♪

 

もしもお洋服の色が出て他のお洋服に付いたのならその時点で何もせずにしみ抜きの出来るクリーニング屋さんに頼むのが直す最善の方法です

お家でのお洋服の色移りに対応する方法は、使える薬品や道具や温度が限られておりますので基本的にはよほど軽度な状態でない限り直す事が出来ません。

実際にネットで調べた方法でやってみた方も沢山おられるとは思いますが、中々納得のいく仕上がりにはなりにくいと思います。

コレはもうお洋服の事故ですから、応急処置程度の事では治す事が難しいですので専門の病院に行かなければ直す事が出来ません。

ここで言うお洋服の病院はしみ抜きの出来る技術を持ったクリーニング屋さんの事ですね。

最近では技術の無いお店も増えてきておりまして今回の様な全体に色移りしたしみ抜きをお願いしても断られるかも知れません。

ですが、リスクはもちろんありますがしみ抜きの出来る技術を持ったクリーニング屋さんなら今回の様に何とかなる事も多くあります。

是非とも諦めないで貴方の信頼のおけるしみ抜きの出来るプロのクリーニング屋さんを頼って頂きたいですね♪

先ずはその大前提として事故が起きない様に、お家でのお洗濯では間違っても淡色系や白色の品物とは一緒に洗わない様に、濃い色は濃い色同士で薄い色は薄い色同士でお洗濯する様に心がけましょう♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。