お家お洗濯したら色移りしたけどどうしてこうなるの?

59a91c8e4b7c20cb92fedb8083dd5de6_s

 

色はナゼ移るのか

はい、最近ではお家お洗濯で、ウールはもちろんの事、シルクのセーターもご自分で洗われる方も多いのではないでしょうか?

シルクの品質はもちろんピンキリですが、低価格で購入した場合には、自分で洗うという選択肢もあるかと思います。

 

ウールもシルクも綿素材も、ザックリ説明すると、色というのは糸や生地から染めている物(染料)と、後から上に塗っている(顔料)物との2種類があります。

 

そのどちらも、条件によっては色が落ちる可能性はあります。

 

色が落ちる原因は、生地や糸に色がしっかりと定着していない状態だからです。

もともとはしっかりと色が定着していても、時間の経過や、過度の洗浄処理をした場合にも色が取れる事はあります。

 

そして最近では、基本的にほとんど色落ちがしないと思われている、ポリエステルで出来た品物も色が落ちる事があります。

 

おはようございます、シミ抜き修復師のオノウエです、まいど!
はい、色移りに付いてのお話です、もう何度目でしょう(笑)

 

 

89bee892de827407abaaee6d2e34d14a_s

 

ポリエステルの色移りした事例

ポリエステルの子供服でお家で洗った時に色が出た。
そんなご相談もよく受ける事があります。

 

そんな事あるんだとな〜と思い、どういう状況で起こったのかお伺いしてみると、いずれの場合も共通点がありました。

 

それは、洗剤の原液を特に気になるシミに塗ってから、洗ったそうです。

 

もう一つの事例は、タイマーセット時の事でした。
よく洗濯物を朝に洗い上がるように、タイマーセットしたりしますよね。

その時に、洗剤を洗剤ポケットに入れずに、お洋服に直接かけてしまったのも原因みたいです。

ポリエステルの色移りは、クリーニング屋のシミ抜きでも中々の強敵なのです。

 

原点である繊維に色が付く工程

ええ、繊維は製造段階で色を付ける時に、高い温度で染料を繊維に入れます。

中には、温度を高くかける事が出来ないデリケートで、弱い繊維(シルク等)は当然色が中々定着しませんので、色落ちが起こりやすいのです。

 

そして、製品になる前に染めを行った後には、必ず洗浄をして、繊維に残った定着しきれない染料を洗い落として出来上がりです。

 

はい、色落ちする原因の一つがここにあります。

繊維の余分な染料を落とす工程で、コストダウンの為に時間を短縮した場合には、定着しきれない染料が繊維に付いたままになります。

ですので、それがそのまま製品になった場合には、洗った時に色が出てくるのです。

 

中でも、特に色移りするのは濃色のお洋服です。

特に原色系のお洋服は、万が一、色が出てしまっても大丈夫な様に、お家で洗う時には、同じような色のお品物と一緒に洗う様に、心がけましょう。

 

そのうちに、定着していない染料が完全に流れて、それ以上色が出なくなります。

間違っても、淡色系や白色の品物とは一緒に洗わない様にいたしましょうね♪

 

 

 

濃い色は濃い色同士で、薄い色は薄い色同士でお洗濯いたしましょう♪

ではでは~。

 

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。