ネクタイをクローゼットから出してみたら保管前には見えなかったシミが浮き出ていた

ネクタイを付けようとクローゼットから出してみたらシミが浮き出ていた

はい、ネクタイは基本的にはシルクで出来たお品物が多いのでクローゼットに直す前にクリーニングしていたとしても、その汚れが完全に汚れが取り切れていない場合には保管中の環境によってシミになって浮かび上がってくる事も有るんですね。

クリーニング屋さんのドライクリーニングでは水溶性のシミである食べこぼしや飲み物等が付いている場合にはどうしても生地から取り切れずに残ってしまいます。

その状態が長く続いてしまうとこの様に黄色くなったシミなどが目に見える様になってきます。

おはようございますオノウエです。
そんな時には生地に負担を掛けない様に部分的な染み抜きで対応する事が可能なんですね♪

 

浮き出てくるシミの正体は取り切れていない汚れやシミが変化したものなのです

クローゼットに直す前には見えなかったシミが目に見えて表れる状態になるには、保管中の温度や湿度等の保管環境が関係しています。

過度な温度や湿度がお洋服の生地の変色をクローゼットの中で促進させ目に見える様になりますが、クローゼットに入れる前には目には見えないぐらいの目立たない汚れやシミなのでその時には全然分かりません。

この浮き出てくるシミが発生するのを予防するには、目には見えない汗の成分や水溶性の汚れやシミを付いているものと仮定してクリーニング時に特殊コースの弱い水洗い(Wクリーニング等)によって落とす必要があります。

しかし、ネクタイの場合には水洗いには適していませんので、水洗いでの丸洗いはクリーニング屋さんでもよほどでない限り行う事はありません。

ですので殆どの場合にはピンポイントでのしみ抜き対応になります。

その他にも何年もクローゼットに置きっぱなしにして発生しているシミですと、シミが時間と共に変化する事で生地の色までも壊してしまっている可能性があります。

その場合にはシミを取り除いた時にが下にある壊れてしまっている色も一緒にシミごと取れてしまうんですね。

そんな時ですが実はなくなった色を修復させる事もある程度なら可能なんです!

それが出来るのが染色補正の技術を持つ修復師なんですね。
無くなってしまった色を再び入れる事によって生地の色を修復するのです。

しかしこの色を直すのは手間と技術が必要ですのでソコソコのお時間とお値段がどうしてもかかってしまいます。

ですので気が付いた時に出来るだけ直ぐに時間を置かずにプロの染み抜きをオススメ致しますよ♪

ではでは~

「もしもネクタイにシミが付いてしまった時のご相談はこちら♪」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。