ダウンジャケットの襟元に化粧品が付いていませんか?袖口が黒く汚れていませんか?中間洗いをオススメ致します

匂いや汚れが気になったらクリーニング屋さんでドライクリーニングや水洗いをしてもらいましょう

はい、ダウンジャケットを洗ったのはいつでしょうか?
今シーズンだとまだクローゼットから出して着用している場合には洗っていない方も多いと思います。

大体の場合は突発的なシミなどが付かない限り、3月末ぐらいの仕舞い洗いまでのワンシーズンは着用するのではないでしょうか。

でも何着もありローテーションが効く場合にはそれでも良いのですが、ヘビロテで着用しておりますとそで口や襟元がファンデーションや皮脂汚れで汚れてきますのでそうなってしまったら洗い時です。

一見ダウンジャケットの外側はポリエステルやナイロンで出来ていますので、虫食いの心配もないし多少洗わなくてもウールや綿と違い黄ばんでくる事も少ないのと、クリーニング代金もダウン製品の場合はバカにならないので中々クリーニングに出せない事実もあるかと思います。

おはようございますオノウエです。
しかし、ダウンジャケットの中身はガチョウ等の鳥の羽ですからやはり洗わずに長時間経つと傷みますし臭いも出てきますのでシーズン中の中間洗いは気持ちよく着用する為にもして頂きたいですね♪

 

ダウンジャケットは匂いや汚れが気になったら使用頻度に関係なくお洗濯致しましょう

ダウンジャケットのお洗濯ですが、襟やそでにはどうしてもお肌が直接触れますので一度でも着用致しますと皮脂や汗が付着致します。

普通に着用していてもアウターですので何が付いてしまっているか分かりません。
でも洗うタイミングが良く分からないと言う時もあると思います。

そこで

ですので、ダウンジャケットクリーニングのタイミングの目安を書いています。
是非とも参考にして下さいね。

当然シーズンの終わりにはお洗濯するのが望ましいですのでその時には信用の出来るクリーニング屋さんにお願い致しましょう♪

でも気になるのならその時が洗い時です!

 

【ダウンジャケットのクリーニングタイミングの目安】

○最低1年に1回のシーズンオフ時に出来れば水洗いでクリーニングする。

○シミや汚れが気になる場合、又はジュースなどをこぼした場合には中間洗いで汚れを落とす。

○使う直前まで洗わないと言う事は1年間かけてダウンが傷みますので、着る前に洗うのではなく着たら洗うを心掛ける事。

クリーニング屋さんでは、ダウン製品はその汚れの度合いを見てドライクリーニングと水洗いの両方をする場合や、衣類の負担を考えてどちらかだけにする場合など状況に応じて対応致します。

しかし、クリーニング屋さんが全てその様なダウンの取り扱いをすると言いますとそうではありません。

クリーニング屋さんをご利用の場合には、いつもの信用の出来るクリーニング屋さんい購入価格に応じたお値段のクリーニングと専用のコースをお願いして選んでくださいませ。

大切なダウン製品はしっかりと洗ってくれるクリーニング屋さんにメンテナンスをお願いいたしましょう♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。