着用する時期が終わった時もこれから来る前にもクローゼット内のお洋服チェックを致しましょう

今の内にクローゼット内のお洋服で普通にクリーニングするものとシミのあるものをチェックして分けておきましょう

はい、まだまだ肌寒い日が続いておりますが、暖かくなった時に着用予定のお洋服を確認したりする事はございますでしょうか?

何度もお伝えしおりますが今の内に確認しておきますと、クリーニング屋さんにクリーニングを出す時にその場でシミを見逃す事も少なくなるんですね。

お洋服を取りに行った後にお家に帰ってからお洋服を確認してみたら取れていないシミに気が付いたりした時には、もう1度しみ抜きをしてもらいにクリーニングに出しに行かないといけない等の2度手間が少なくなります。

おはようございますオノウエです。
特にお気に入りのお洋服は入念にチェックして来年もすっきり着用致しましょう♪

 

クローゼット内での保管中に「無かったハズのシミが時間が経って浮き出てきた」と言う事はかなり多いです

ワンシーズンの保管中の間にクローゼット内では色んな事が起こっております。

その時に見えなかった取り切れていない汚れが空気に触れたり湿気等の影響を受けて生地が傷んでしまい変色して見える様になる事があります。

保管中に衣類のトラブルが起こりやすい例としては、普段は殆ど使い事のない革製品やお着物には特によく起こります。

もしもシミが浮き出てきていたりしているこの状態のまま放置しておきますと、湿度や温度の環境によってはカビ菌がタンパク質と水分をエサに生えてくる可能性も考えられます。

そうなる前のシミ抜きが必要ですので、是非とも今の内にクローゼット内の冬物衣料のクリーニング仕分けチェックをよろしくお願いいたします♪

「しみ抜きの出来るクリーニング屋さんがお近くに無い場合のご相談はコチラ」

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。