お洋服に付いてしまった食べこぼしの汚れはそのままにしておくと変色や虫食いの要因になります

知らない間に服に付いてしまった食べこぼしのシミは早めのシミ抜きで落としておきましょう

はい、基本的には汚れの1番上に浮いている油性の油膜を取り除いてからでないと、その下にある黄ばみ等の黄色い汚れやシミは取れにくいのです。

ですのでお洗濯やしみ抜きをしていない状態は食べこぼしである水溶性の汚れに油膜の蓋をしてしまっている状態なんですね。

そういたしますと油膜の蓋で汚れが守られている状態ですから、水溶性の汚れはそのまま安心して腐食して染色(色)や生地を徐々に傷めていきます。

コレが汚れやシミをそのままにしておくと起こるお洋服の変色や生地や糸の腐食を促す原因の1つなんですね。

おはようございますオノウエです。
先ずは洗剤やしみ抜きをして生地に付いた汚れのガードを取り除く事が重要なのです。

 

色柄物のお洋服に付いた黄色い汚れやシミに漂白剤を使う時にはお洋服の色が薄くなってしまわない様に気を付けましょう

汚れやシミを取り除いた後に発生するのが変色等の色素の変化です。

黄ばみ等の色素が変化して変色したお洋服には酸素系漂白剤が有効となります。
ですが酸素系漂白剤¥を使用する時には必ず注意して頂きたい事があります。

その時に酸素系漂白剤の入れ物の裏側に書いてある説明書きに、「色柄物にも使用出来ます」との注意書きが書いてあるかどうかを確認して頂きたいのです。

色柄物のお洋服に酸素系漂白剤を使用する時には必ず、「色柄物にも使用出来ます」と記入のある酸素系漂白剤を使って下さいませ。

それでも使用するとお洋服によっては色が薄くなったり滲んできたりする事がありますので、見えない部分で綿棒などに付けて生地をトントンして色が綿棒に移らないか試してから使用致しましょう。

もしも綿棒側に色が付く様でしたら使用するのは止めて直ぐに部分的に水で濯いで成分を落としましょう。

そんな場合には是非共お近くのシミ抜きの出来るクリーニング屋さんに任せて下さいね。

今回の食べこぼしによる水溶性のシミは油性処理で油膜を取り除いた後に、水溶性処理で綺麗に落とす事が出来ました。

もしもしみ抜きが出来るお店がお近くになければこちらまでご連絡くださいませ。

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。