1度でも着用済みのお洋服はほとんど着ていないお洋服でも時間が経つと皮脂の成分が付いてしまった部分は黄色くなる可能性があります

ほとんど着ていないお洋服の生地でも1度でも着用していれば時間が経つと黄色くなったり致します

はい、お洋服を着用した場合には殆ど動かない汗をかかない環境でもお洋服の生地はお肌と接触している部分が必ずあります。

ですので着用すればほんの少しだけでも襟や袖口に皮脂や汗の成分が付いてしまいます。

因みに1度も着用していないのに生地の色が変化した場合には保管中に起こる外的要因が関係している可能性があります。

例えば外気との温度差が激しいクローゼット内の状況でしたら、湿度が高く湿気が充満しておりますとカビ等の影響での生地変化や変色があります。

冬でしたら化石燃料から発生するガスが湿気や取り忘れた包装用ビニールと反応してお洋服を変色をさせてしまう事もあります。

おはようございますオノウエです。

結局は着用すれば洗わないといけませんし、着用していなくても保管状況に気を付けなければお洋服にはシミなどが出来てしまうんですね〜。

 

「購入してから1度も着用していないのに置いていたら襟が黄色くなった」と言う場合も起こり得ます

例えばショップに並ぶお洋服ですが基本的には試着してお洋服を選んで購入致しますよね。

その時に試着したお洋服は販売しないといったお店は少ないと思います。

という事は少なからずとも着用したという事実がおります。

この様な試着済みのお洋服の場合でしたらそのまま販売している状態ですと、購入者ご本人は着用していなくても時間が経つと黄色くなる場合も稀にあります。

「購入してから1度も着用していないのに置いていたら襟が黄色くなった」と言う場合はこちらに該当する可能性もあります。

先程申し上げました通り少しでも着用してしまいお肌が付いてしまうと、その皮脂や汗の成分が劣化していきそれを取らない限り生地を変色させていきます。

今回お預かりのお洋服の部分的な黄ばみは原因ははっきりとは分かりませんが、反応した薬品の性質から想像するにタンパク質が変化してしまった変色と思われます。

皮脂や汗の成分の付着量が少ない場合でも、何年も経つと変化して変色する場合もありますのでクローゼットのチェックは定期的ににお願い致しますね。

汗や皮脂汚れは見た目には分かりにくいですが、時間が経つと皮脂汚れや汗が変化して目に見える様になりますからよろしくお願い致します♪

ではでは~。

【部分的に黄色くなってしまったお洋服でもこちらまでご相談くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。