生地が劣化していなければ年月が経っていてシミが浮き上がってきてもある程度は取る事が可能です

お気に入りのお洋服やお着物やバッグなどがクローゼットの奥深くで黄ばんでしまったりはしていませんか?

はい、最近クローゼットの中のお洋服を整理したりお掃除したりした事はございませんでしょうか?

僕は先日に中二になる下の子が自分の部屋を欲しいと言い出しましたので、食糧庫兼僕の私物置き場を見直す事になりましてかなりの私物を処分いたしました。

そんな時に見かける色んな物やお洋服。

恐らく今まで使っていなかったのでこの先も使う事は無いだろうと思いましたが、ついついモッタイナイと思ってシミが出ていてしまっていたお洋服や帽子を復活させて現在着用しております♪

おはようございますオノウエです。
やっぱり一度は気に行って購入した物やお洋服は簡単には処分できませんよね~。

そしてこうして物やお洋服がどんどん増えていきます(笑)
また今度見直そうっと♪

 

時間が経ってシミが変質して変色する場合もありますがほとんどの場合は着用レベルまで再生が可能です

生地はそう簡単にはダメになってしまう事は無いのですが、気を付けないといけないのは色(色素)の状態です。

色も当然の様にシミが付いてしまっている場合にはシミの劣化に伴い色も劣化いたしますのでそういたしますと変色したり色が抜けたりいたします。

生地のダメージはリフォーム等で対応する事が出来ます。
色の場合はどうでしょう?

実は色が無くなってしまったり変色してしまった場合には「色修正(染色補正)」で実はお直しする事が可能なんですね。

ただし!

どちらの場合でも手間代と技術料が少々お高く付きますので、出来れば数年も時間が経ってしまう前の早めにお持ち下さいませ♪

さあ!

段々と涼しくなってきますし明日からクローゼットの掃除でも致しましょう♪

ではでは~。

【時間が経ってしまった染み抜きや変色のご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。