パンツの裾に茶色いシミが付いていたりはしませんか?それ雨の日の錆びかも知れませんよ

錆(さび・サビ)とは、金属が空気中の酸素や水分などによって酸化(化学反応で変化した状態)して腐食した時に出来るモノなんですね

はい、最近では台風の影響もあってか各地での悪天候が目に付きます。
特に集中豪雨などの場合には水の近くに行くのはかなり危険ですので気を付けないと行けませんね。

その様な台風の日等や警報の出ている日は別ですが普通に雨の日にはどうしても出勤や通学等の外出は避ける事が出来ません。

その時にはお洋服も当然少なかれ濡れてしまいます。

今では雨傘もコンビ二で販売している雨傘は骨組みが鉄ではなくプラスティック等で出来ている場合が多いですので比較的に錆びにくいですが、雨傘自体の骨組みが錆びてしまいお洋服に付いてしまう事も少なくはありません。

おはようございますオノウエです。
そしてお洋服に付いてしまった錆(さび・サビ)は非常に落ちにくく厄介なんですね~。

 

金属の種類によってはお洋服に付いてしまった錆(さび・サビ)の色は変わります

でも安心して下さい!

お家では通常の洗剤や漂白剤では完全には落とす事は出来ない取れにくい錆(さび・サビ)の色ですが、実はクリーニング屋さんには錆(さび・サビ)に対応している薬品が置いてあるんですね。

それを使えばほとんどの場合には綺麗になりますので、シミ抜きの出来る実績のあるクリーニング屋さんでしみ抜きをお願いいたしましょう!

お家のお洗濯で困ったら信用の出来るお近くのクリーニング屋さんに是非とも相談して下さいね♪

ではでは~。

【お近くにご相談出来るクリーニング屋さんが無い場合には染み抜きや変色のご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。