濃色の学生服の色が白くなってしまっていたらそれは汚れでは無くて色が剥げてしまっているのかも知れませんよ

濃色のお洋服はどうしても着用による擦れ等のダメージや汚れやシミを洗浄した時に汚れと一緒に傷んでいる色が落ちやすくや脱色して色が白くなる事があります

はい、濃色のお洋服の特徴ですが生地の種類によっては、バッグ等を着用中に擦れたりする事によって色がバッグ側に付いてしまったり色が薄く抜けてしまったりして白くなってしまう場合があります。

実は、汚れやシミも色の変化に関係があるんですね。

例えば汚れやシミが部分的に付いてしまったお洋服を何もせずにそのまま時間が経ってしまったと致します。
そう致しますと汚れやシミは酸化(空気と反応して変化する)して生地やその上にある色が傷んでしまいます。

色が傷むという事は色が動きやすくなっているという事なんですね。

動きやすいと言う事は、何らかの衝撃を受ける事によって、色が滲んだり抜けやすくなっているという事なのです。

その衝撃と言うのが、お洋服の場合には「擦れる」事や「洗う事」なんですね。

おはようございますオノウエです。
要するに傷んでいる色が擦れたり洗ったりする事によって、滲んだり無くなったりするという事なのです。

 

抜けてしまった色を直す選択肢の一つに無くなってしまった色を足してあげれば元の状態近くまで再生する事が出来る方法があるのです

「そんな事が出来るなんて知らなかった!」と言うお声も沢山お伺いするのですが、実は色が抜けて白っぽい状態になってしまったお洋服の色を再び再生する事が出来る技術があるんですね。

その無くなってしまった色を復活させる特殊技術の事を「色修正」と言います。
その方法を使う事によって無くなってしまった色をもう1度入れる事が出来ます!

ただし!!

生地自体がかなり傷んでいる場合や、色が広範囲に渡って変色している場合には出来ない事もあります。
そう、もう手遅れの状態の時もあるんですね。

まだ生地の状態が良い状態でしたらポリエステルは不可能ですが、綿や麻やウールなどの場合なら広範囲の色変化であれば全体の濃色染めも可能な事はあります。

今回の場合は部分的なお洋服の色抜けのお直しを致しました♪

この色を復活させる特殊技術の「色修正(染色補正)」という技術は、全国でも限られた少数の方々しか出来ませんので知らない方も多いのです。

もっと色んな方に、この特殊技術の「色修正(染色補正)」という技術を知って頂きまして、お気に入りのお洋服達を出来るだけ長く着用出来る様になれば良いなと思います♪

ではでは~。

〇当店へのネットでのご依頼はこちらからよろしくお願いいたします
↓↓↓↓↓↓↓↓
【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。