「擦ってはいけないシリーズ」お家でお洋服の油汚れなどをお洗濯する時についついしてしまいがちなのが擦ってしまう事です

お家で洗っても中々取れないお洋服の「油汚れ」ですがそんな時に一番してはいけない行為のナンバーワンは擦る事です

はい、「擦ってはいけない油シミ」!
最近ではお家で水洗いが出来ないお洋服は中々売れないと言う事を耳にした事があります。

ドライクリーニングしか出来ない場合にはお洗濯時に、クリーニング店に出さなくてはいけない為に洗う毎に毎回お金が掛かってしまうからという事です。

でも洗わない訳にはいきませんよね。

そうなりますとお家で水洗いが出来るお洋服を選ぶ事になりますから、一概には言えませんが商品価値を上げる為に水洗いの出来るウールやシルク製品等や顔料プリント製品が増えてくるとは思います。

特殊加工製品やプリント製品はドライクリーニングが出来ない場合も多くありますから、もしも油がお洋服に付いてしまった時にはややこしい事になりがちなんですね。

お家での水洗いでは頑固な油汚れやシミはピンポイントで市販の洗剤や染み抜き剤を使っても中々落ちません。

そこで!!
やってしまいがちなのがついついシミが落ちないので擦ってしまう事なんですね。

おはようございますオノウエです。
お洋服の生地を擦るという行為は生地に汚れが浸透するのを促進させるだけでなく、生地自体にも毛羽立ち等の変化などを起こしますのでかなりリスキーですからご注意くださいね!

 

特にレストランや喫茶店等で出て来るおしぼりは塩素を含んでいる可能性もありますので濃色や色柄物のお洋服の場合には生地を白けさせてしまいます

色修正(染色補正)のお仕事を頂く場合の殆どが、漂白剤やおしぼり等で擦った時に色が抜けてしまったという状態のお洋服です。

ドライクリーニングが出来ないマークのお洋服の油シミは、漂白剤やおしぼり等で擦っても殆ど取り除く事は出来ません。

それは「油」だからです。
水洗いでは油汚れや油シミは落ちきれないんですね。

ですので油には油を取り除くのに適正なドライクリーニングや油性の染み抜きが必要なのです。

ちなみに洗濯表示マークが「ドライクリーニングは出来ない」と表示してあっても、今回の様にピンポイントで油のシミ抜きは可能です。

もしもお洋服に付いている洗濯表示が「ドライクリーニング出来ない」という表示でお家のお洗濯でシミを取る事が困難だと思ったら、染み抜きの出来るクリーニング屋さんではシミ抜き専用の機械と専門の技術で染み抜きをする事が可能ですのでお声掛け下さいね♪

【全国郵送対応の染み抜きのご相談はこちらまで】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。