お洋服のブランドラベルの汚れを取り除いて欲しいけどラベルの汚れや黄ばみを部分的に取る事は可能ですか

ラベルは薄い生地でコーティングが施されている場合が多く加工が落ちたり色が落ちたりする事もありますが殆どの場合には可能ですよ

はい、今回お受けいたしましたのはお洋服のブランドラベルの染み抜きです。

お洋服のブランドラベルは丁度首筋の擦れる部分にある事が多いので、皮脂汚れや擦れ汚れや黄ばみ等が発生しやすい場所でもあります。

その上元々はお洋服の生地とは違いそんなには丈夫に出来ていないので、部分的に染み抜きを行うにせよコーティングが施されている場合が多くコーティングが剥がれたり文字の色が落ちたりする事もあります。

ですがその点を注意すれば殆どの場合には汚れやシミを落とす事は可能です。

おはようございますオノウエです。
でも万が一にも文字が薄くなったりする事はありますからそのご了承は必要です。

状態によっては「汚れを取るか?」「文字が薄くなるか?」を天秤にかけないといけないかも知れませんのでそれはご相談ですね。

 

色鮮やかな濃色のお洋服の場合ですと色も移ったりしてブランドラベルが染まってしまっている場合も多くありますが部分的な漂白も可能である事が多いです

最近のお洋服では染めが弱い場合も多く、洗うだけでも色が他のお洋服に移ってしまうお洋服もあります。

その様な場合でも部分的に色を抜いて部分的に色を再び入れる事も可能ですからブランドラベルでも染み抜きや漂白が出来るんですね。

ちなみにコーティングが施されている場合にはコーティングが劣化して剥がれない様に気を付けて染み抜きを行う必要がありますがどうしても剥がれてしまう事が多いです。

その場合にはやはりコーティングを再びやり直します。

そうすればまたブランドラベルも綺麗な状態で着用する事が出来ますよね♪

今回のブランドラベルはコーティングのない綿生地のブランドラベルで汚れと黄ばみが発生しておりましたが取り除く事が出来ました♪

擦れによるダメージもかなりありますので、ブランドラベルの場合はデリケートですのでご自分で触られる事はしない方が無難です。

ブランドラベルはブランドの顔の様なものですから、最近ではこの様な染み抜きのご依頼も増えてきております。

もしも今回の様な時には是非とも信用のおけるお友達が推薦のしみ抜きが出来るクリーニングのプロにご相談下さいね。

もちろん当店でも可能です♪
〇メールでのお問い合わせならこちら!
↓↓↓↓↓↓↓↓

「メールでの全国郵送クリーニング対応メールフォーム」

〇ラインでのご相談ならかなりスピーディーです。
その場合はこちら♪
↓↓↓↓↓↓↓↓

「ラインID⇒@iseyaでマンツーマンのご相談とご注文ライン@」

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。