洗えばソコソコは綺麗にはなるのですが黒い汚れが最後まで残ってしまう場合には無理なしない様に致しましょう

何回洗っても落とせない最後に残った黒い汚れは溶けない固形物質ですので漂白剤は効果が薄いです

はい、先日にお預かり致しましたのは毎日洗っているのに黒い汚れが取れにTシャツのシミです。

黒い汚れといえば中々取りにくいボールペンのインクや墨汁(炭)等を想像いたしますが、まさにそれらは水にも油にも溶けない固形の物質を含んでいる可能性があるんですね。

水にも油にも溶けないという事は水を使ってお洗濯しても取れないし、油に近い性質のクリーニング屋さんのドライクリーニングをしても取れないという事です。

ではどういたしましょう??

おはようございますオノウエです。
黒いカーボン粒子がミクロの大きさで繊維の隙間に入り込んでおりますのでそれがシミや汚れの様に見えるんですね~。

 

 

最後まで残った黒い汚れのほとんどの場合はミクロの砂粒みたいな固形物質なんです。

ですので黒い汚れの正体である、黒いカーボンやスス(炭素の微粒子)が生地の糸の中に奥深く入り込んでしまうとかなり厄介なんですね。

最初の処理で黒い汚れが生地に浸透しない様にする事が大事ですから、もうこれ以上落ちないと感じた時点で触らない方が賢明です。

出来れば汚れやシミが自分でやっても取れないかな?と、思った時にはそれ以上は出来るだけ触らない事がそのシミを何とかする為のコツになります。

生地が薄くなったり破れてしまってからではもう遅いですから、大事なお洋服の場合には是非ともお近くの信用のおけるシミ抜きの出来るクリーニング屋さんにご相談くださいね。

今回ご依頼頂きました黒いシミも綺麗に落とす事が出来ました。

どうしても汚れやシミを取りたいお洋服ならシミ抜きのプロである修復師におまかせ下さいませ♪
僕でよろしければこちらまでお問い合わせくださいませ~♪

「クリーニングISEYAの染み抜きご相談はこちら」

ではでは〜。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。