お家で洗えるお洋服で何度洗っても濡れているように見えるシミが落ちないのは落ちにくい油汚れかも知れませんよ

濡れた様な色が濃く見えるシミは水洗いだけでは取れない酸化してしまった油シミなのかも知れません

はい、近頃はお家でも洗えるお洋服も増えてきましたよね。

元々から水に強い素材いなら水で洗えますが、水に弱いウールやシルクでも水が生地の芯まで浸透しない様に加工されお家での水を使ったデリケート洗いにも対応出来るお洋服が増えています。

でもを使って洗っても取れないシミってありませんか?
そのシミはすこし色が濃く見える様な濡れている様に見えるシミではありませんか?

先日にお受けいたしましたキルティングのお家でも水洗いが可能なジャケットですが、裾部分が水に濡れて乾いてこない様な色が濃く見えるシミが落ちないとのご相談でした。

おはようございますオノウエです。
ここまで読んで頂きましたらもうそのシミの正体はご存じですよね♪

 

まるで水に濡れて乾かない様に見えるシミの正体はお家でのお洗濯では取りきれない食べこぼしの汚れが付いた時に一緒に付いてしまった油汚れかの可能性が高いです

既にお家での水洗いは済んでおりますので食べ物の固形物やタンパク質の汚れは水洗いで殆ど取れている状態でしたがそれでも残っているそのシミの正体は殆どの場合が油なのです。

油は生地に付いてしまいますと生地の目に沿って浸透し、色が濃く見えたりしてシミの様に見えて目立ってしまうんですね。

ラーメンや中華料理等の油を含んだタレや汁等が飛んだりして付いてしまいますとこの様なシミになります。

特に中華料理に使用された油は高温で処理され酸化した状態になっておりますので、その変質した油はお洋服に付いてしまうと非常に取れにくくなります。

高温の調理により成分が変質した油のシミは、クリーニング屋さんでもそれなりの強目の油性処理が必要になるぐらいに取れにくいんですね。

一度付いてしまいますと厄介なシミになりますが応急処置としては、付いて直ぐならとにかく濡らしたハンカチで摘まむようにしてハンカチに汚れやシミを移すイメージで取り除きます。

その時にハンカチの場所を綺麗な部分に少しづつ位置をずらして変えながらシミを摘まんで、もうハンカチにシミが移らない様になったらそこでひとまず応急処置は終了です。

その時には決してお店で出されるおしぼりやナフキンは使わない様にして下さい。

それらの物には微量ながら塩素が含まれている場合がありますのでお洋服の色が抜けてしまいます。

それと擦ったりするのも厳禁です!

生地を擦りますと生地が傷んでしまいシミが取れても生地にダメージが発生して色が変わって仕舞った様に見えてしまいます。

応急処置はこちらの2015年10月に書いたブログを参照してくださいませ。
古い記事なので少しウザいかも知れません(笑)

【白色のシャツに飛び散った味噌汁の素を1分で取る方法】

この方法を使えば付いて直ぐなら殆どの食べこぼしのシミは取り除く事が出来ますので、自己責任にはなりますがご参考にどうぞ♪

今回お受けいたしましたキルティングジャケットの裾部分が水に濡れて乾いてこない様な色が濃く見えるシミも綺麗に取り除く事が出来ました。

もしもご自分での処置に自信がない様でしたら、触らずに出来るだけ早くお馴染みの染み抜きが出来るクリーニング屋さんにお願いして特殊シミ抜きで対処してもらいましょう。

【お家でのお洗濯や他店の染み抜きで取れなかったお洋服の染み抜きのご要望はこちら】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。