「輪ジミ」と言うのは見た目がまるで輪っかの様に見えるシミの線が入ってしまった状態の事を言います

特に色柄濃色のお品物に目立ちやすい「輪ジミ」が出来てしまい色が変わってしまったお洋服の生地

はい、雨の日に出かけた時に雨に当たってしまい、お洋服やネクタイに水滴が付いたように輪の様なシミが出来てしまっているのを発見した事はありませんでしょうか?

実はそれが「輪ジミ」なんですね。

輪ジミには色んな発生の仕方があるのですが最も輪ジミの発生しやすい条件に当てはまる生地で多いのが洗濯表示がお家では洗えない(水洗いが出来ない)と表記のあるお洋服です。

そのお洋服は当然に今までお家では水洗いを行ってはおりません上に、クリーニング屋さんにクリーニングしてもらってもドライクリーニングでは取れない水に溶ける水溶性の汚れは付着したままなんですね。

その状態で水滴の様な水分やコップの水を溢してしまったりとまとまった水分がお洋服に付いてしまいますと大変です!

おはようございますオノウエです。

その時に今まで取れなかった水溶性の汚れが水の力によって動いてしまい、その動いてない水溶性の汚れと水の力によって動いた水溶性の汚れの境目に出来てしまうのが「輪ジミ」なんですね~。

 

お家では洗えないウール素材やレーヨン素材やシルク素材のお洋服やネクタイやショールに「輪ジミ」は発生しやすいのです

最近こそお家での水洗いも可能なウール素材やレーヨン素材やシルク素材のお品物もございますが、それらは全てお家での手洗いやデリケートコースの水洗いに耐える事が出来る様に生地の糸が加工されているんですね。

ですのでその加工がなされていないお洋服やお品物は決して水洗いをしてはいけないという事なのです。

勘違いされやすいのですがお洗濯表示に「水洗いが出来ない」との表示があれば水を使用致しますと何らかの弊害が発生致します。

それは目に見えて変化が分かりにくい場合もありますが、ウールなら部分的にフェルト化(縮んで固くなる)等の現象が確実に衣類に対して何らかのダメージとして起こっているんですね。

ですので、水洗いが出来る表示のないウール素材やレーヨン素材やシルク素材のお洋服をどんなに優しいデリケートな洗い方をしても弊害は出てしまう事を頭の片隅に覚えといてくださいね。

今回のシルクのネクタイに発生した「輪ジミ」は綺麗に取り除く事が出来ました♪

オシャレ着洗い様の洗剤を使えば、何でもウール素材やレーヨン素材やシルク素材のお洋服を洗える訳ではありませんので注意が必要ですね。

「輪ジミ」をあんまり取ろうとして触り過ぎると色が抜けたりも致しますのでそんな時にはソコソコで触るのは止めてその後はクリーニング屋さんにご相談下さいませ。

もうにっちもさっちもいかなくなってからでもご相談下さいませ。

ではでは~。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニングのご要望はコチラ

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。