お洋服に水に濡れた様な洗っても取れないシミがある場合の殆どは油由来のシミである可能性が高く生地によっては気を付けないといけません

洗濯表示マークがドライクリーニング出来ないマークの場合には特に注意が必要です

はい、洗っても取れない水に濡れた様なシミが洗い上がったお洋服に付いていたって経験はございませんでしょうか?

そんな時にはそのシミは油由来のシミである可能性が高いんですね。

ですので普通に水洗いしただけでは落ちなかった事が推測されます。

なら、

「台所用の中性洗剤を少しだけそのシミの部分に塗り込んで洗えば取れるんじゃない?」と思いますよね。

それって間違いではありませんが、その前に気を付けないといけない事があります。

お洋服に付いている洗濯表示がドライクリーニング×のドライクリーニングが出来ないという表示ですと油性の洗浄やシミ抜き処理には弱いお洋服と言う事になります。

その原因は色が顔料プリントだったりポリウレタンが使用されていたりする事が多く、もしも油性処理を致しますと色が剥げたり生地がブクついたり剥がれたりするのです。

おはようございますオノウエです。

洗っても取れないシミを取ろうとした時にはその様なリスクがある事も考えないといけないんですね〜。

 

もしもドライクリーニング出来ないお洋服に油のシミが付いてしまった場合にはどう致しましょう?

その様な場合にはドライクリーニングを行えませんので全体的な油性処理を行う事が出来ません。

ですが、その油汚れの部分だけをピンポイントでシミ抜きする事は可能なんですね。

部分的にシミ抜き処理を行う事に寄って他の部分にダメージを発生させる事なくシミを取ります。

シミ抜きの出来るクリーニング屋さんではそんな事がシミ抜き専用の機械と専門の技術で可能なんですね。

今回は部分的なシミ抜きによって綺麗に取り除く事が出来ました

お家のお洗濯でシミを取る事が困難だと思ったら、油汚れを取り除くのが超得意なクリーニング屋さんにおまかせ下さいませ!

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。