ドライクリーニングが出来ないマークのお洋服の油シミはプロのシミ抜きで取りましょう

洗濯表示マークがドライクリーニング出来ないマークでも油のシミ抜きは可能です

はい、もしもお洋服に付いている洗濯表示がドライクリーニング出来ないという表示ですと油には弱いお洋服と言う事になります。

それはドライクリーニングがお洋服を洗う専用の油の様なものだからなんですね。

そこで!

もしもドライクリーニング出来ないお洋服に油のシミが付いてしまった場合にはどう致しましょう?

その場合にはドライクリーニングで油汚れを取り除けないので、その油汚れの部分だけをピンポイントでシミ抜きしなくてはなりません。

そんな事お家では出来ませんよね。

おはようございますオノウエです。

でもクリーニング屋さんはそんな事がシミ抜き専用の機械と専門の技術で可能なんです♪

 

そんな時に一番してはいけない行為のナンバーワンは擦る事です

お家で洗っても中々取れないお洋服の油汚れなどをお洗濯する時についついしてしまいがちなのが擦ってしまう事です。

擦るという行為は生地に汚れが浸透するのを促進させるだけでなく、生地自体にも毛羽立ち等の変化などを起こしますのでかなりリスキーです。

特にレストランや喫茶店等で出て来る布のおしぼりは洗浄時に殺菌で使用した塩素が残っている可能性もありますので、濃色や色柄物のお洋服の場合には擦る事によって生地を白けさせてしまいますのでご注意下さいね。

今回も油汚れはキレイに落ちました♪

お家のお洗濯でシミを取る事が困難だと思ったら、油汚れを取り除くのが超得意なクリーニング屋さんにおまかせ下さいませ。

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。