ドライクリーニングが出来ない洗濯表示のお洋服は油には弱いお洋服と言う事になります

油に弱いお洋服には顔料染めや顔料プリントやポリウレタン等の合成皮革やストレッチ素材が使用されている場合が多いです

はい、食べこぼし等のお料理や油を使ったお料理の場合には着用中のお洋服に油が付いてしまう事ってありますよね。

その油シミは取り除く為には油性の洗剤等を使って取り除く必要があります。

ですがお洋服に付いている洗濯表示がドライクリーニング出来ないという表示ですと油の成分に溶けやすい色素が使用されていたりする可能性があります。

もしくは油を溶かす成分によりダメージが発生してしまう生地を使用されている油に弱いお洋服と言う事になります。

そして、クリーニング屋さんの基本的なお洗濯の方法であるドライクリーニングは、お洋服の一番上に存在する汚れを吸着する油膜の油汚れを落とす為にあるお洋服専用の溶剤で洗う方法なのです。

おはようございますオノウエです。

ですのでドライクリーニングが出来ないお洋服はイコール油性の処理を行うと何らかの弊害が出てくる可能性のあるお洋服という事なんですね~。

 

もしもドライクリーニング出来ないお洋服に油のシミが付いてしまった場合には全体処理であるドライクリーニングは出来ないのでその油汚れの部分だけをピンポイントでシミ抜き致します

油汚れのシミの部分だけをピンポイントでシミ抜きするという事はお家でのお洗濯では中々出来ません。

と言いますか、出来ない事もありませんが大味な微調整の出来ない処理を行う事になってしまい、結果、お洋服の油シミの無い問題のない部分にまで影響を与えてしまいかねません。

そこで!

クリーニング屋さんの場合には、ピンポイントに微調整をしながら部分的に油のシミだけを取り除く事の出来るシミ抜き専用の機械と専門の薬品と熟練の技術がありますので可能なんですね。

もう一つの注意点はシミが取れない時についついやって仕舞いがちなのが、お洋服に要らないダメージを与えてしまう一番してはいけない行為のナンバーワンである生地を擦ると言う行為です。

擦るという行為は生地に洗剤を浸透させますが汚れも浸透しやすく、生地自体にも毛羽立ち等の変化などを起こしますのでかなりリスクがあります。

喫茶店やレストランで出て来る布のおしぼりには洗浄時に殺菌で使用した塩素が残っている可能性もあります。

その塩素の残ったおしぼりで濃色や色柄物のお洋服を擦ってしまいますと、生地を白けさせたり色を抜かせてしまったり致しますのでご注意下さいね。

勿論の事、今回の油汚れもキレイに落ちました♪

ではでは~。

【ISEYAの全国郵送対応の染み抜きのご相談はこちらまで】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。