油汚れが付いてしまったドライクリーニングが出来ないお洋服の油の染み抜きも可能ですか?

油汚れが付いてしまったけどドライクリーニングが出来ない洗濯表示のお洋服はクリーニングや染み抜きを断られる可能性があります

はい、この様な経験はございませんでしょうか?

「このお洋服は、洗濯表示がドライクリーニング✖になっておりますので油汚れを取り除く事が出来ません」

クリーニング屋さんにドライクリーニングが出来ない洗濯表示のお洋服に付いてしまった油のシミを取り除こうと持って行ったら、この様に断られてしまったとのお声も沢山頂きます。

洗濯表示がドライクリーニング✖のお洋服には勿論の事理由があります。

例えば油に弱いドライクリーニング✖のお洋服には、顔料染めや顔料プリントやポリウレタン等の合成皮革やストレッチ素材が使用されているお洋服が多いのです。

その理由は先ほど例に挙げましたこの全ての素材は油性分を受けてしまいますと溶解してしまうからなのです。

こんばんはオノウエです。

いつの間にか今日は夕方の配信になってしまいました。。
衣替えシーズンなのでやる事多くて遅れてスイマセン~!

と言う訳で、お洋服に付いている洗濯表示がドライクリーニングが出来ないという表示なのは、油の成分に溶けやすいコーティングや色(色素)が使用されていたりするので弊害が出てしまうからなんですね。

 

綺麗に油シミを取り除く為にはやはりコーティングや色(色素)にダメージが発生してしまう油性の洗剤や薬品を使用しなくてはいけませんがその量や時間や温度を調節さえすれば取り除く事が出来るのです

ただ単に油成分を取り除く効力のある洗剤や薬品を普通に使ってしまえば、油を溶かす成分により大ダメージが発生してしまいお洋服が傷んでしまう事になってしまいます。

ですが、ドライクリーニングが出来ないお洋服でも油性の処理の方法によっては、何らかの弊害が出てしまう前に油のシミだけを取り除く事が可能なんですね。

その為には生地やコーティングや色(色素)の特性を熟知している事や、これまでお受けしたお洋服のメンテナンスの経験がものを言います。

勿論の事リスクは発生致しますのでその説明はさせて頂き、ご了解をして頂いた場合のみお仕事をお受けするのですがもしも何とかしたいと思う場合には諦めてしまう前に是非共お声掛け下さいね。

今回のドライクリーニングが出来ないパンツの油シミも綺麗に取り除く事が出来ました。

もしもクリーニング屋さんで「ドライクリーニング出来ないから」と断られた時にはお声掛け下さいませ♪

ではでは~。

【ISEYAの全国郵送対応の染み抜きのご相談はこちらまで】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す