淡色お洋服の一部に黒いシミが付いたけど染み抜きをしたらその部分だけ色が抜けてしまいそう

お洋服の肩部分にはバッグなどの汚れや擦れ等によりシミが発生したり色が擦れで劣化して薄くなってしまったり色が抜けてしまったりする事があります

はい、今回お預かり致しました薄いベージュのコートですが、肩の部分に黒い汚れが付いておりました。

この状況から考えられるのはバッグのストラップの色が皮革である場合には摩擦によるスレで付いてしまったり、合成皮革の場合には合成皮革のポリウレタンが劣化して剥がれて付着した場合が考えられます。

ポリウレタンの劣化の場合でしたら劣化して剥がれてしまったストラップの色が他の衣料に付いてしまった場合には、生地の表面にだけ付着している事が多いです。

しかし生地に付いた黒い汚れの部分がストラップのバックルや金属部分が当たり物理的なスレや傷による場合の汚れでしたら、今は汚れで見えませんが汚れを取り除いた時に生地の傷が顕著に見える様になります。

その様な場合には汚れを取り除いてもその下にある生地の色が抜けてしまっている事もあるんですね。

おはようございますオノウエです。
大体の場合にはその時点では色の変化が分かりにくいので気が付きませんが、生地のダメージによる色の変化は汚れやシミを取り除いた時にはじめて色が変色していたり抜けていたりする事に気が付くのです。

 

生地に色抜けや変色が起こってしまった場合でも実は京都に昔から生地色の修正技術を使えば現状よりも目立たなくする事が可能なんです

その技術とは着物等の色柄のお直しに使われている特殊技術である「色修正(染色補正)」と言う特殊技術なんですね。

ピンポイントで生地の色が抜けしてしまう事はそんなにはありませんが、そんな時でも染み抜きの得意なクリーニング屋さんなら特殊技術である「色修正(染色補正)」を行える可能性がありますので相談致しましょう。

今回のお洋服は黒い汚れを取り除いた後に少し生地の色目が変わって仕舞っておりましたので色修正を施して修正致しました。

もしも着用やお洗濯で生地や色(染料)の劣化により起こってしまった色移りや色褪せや色抜けでも、ある程度はこの「色修正(染色補正)」の技術で直す事が可能です。

「このお洋服は捨てるの勿体ないし直せないかな~??」

なんて思っている場合にはそのお気に入りのお洋服や大事なお洋服を捨ててしまうのはストップです!

是非一度信頼のおけるクリーニング屋さんへご相談下さいませ。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニング】のご要望はコチラ

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。