取り切る事が出来ずに薄く残ったシミはシーズンを跨ぎますと変化して顕著にシミが現れて来ることもあります

うっすらと残った取りきれていない食べこぼしによるシミはそのままにしておきますと部分的に黄色くなって浮き出て来ることがあります

はい、今回お預かり致しましたお仕事は長時間保管中に発生した、黄色いシミの染み抜きをご依頼頂きましたブルーのウールコートです。

特にウール素材のアウターはお家では洗えないお洋服も多く、クリーニング屋さんでも洗浄方法はドライクリーニングが主体になります。

という事は水を使った洗浄や染み抜きが中々出来ないお洋服という事なんですね。

そうなりますと食べこぼしなどの汚れやシミの殆どの場合が水溶性のシミですので、クリーニング屋さんでも洗浄方法はドライクリーニングだけでは当然取り切れないのです。

おはようございますオノウエです。
ですのでアウターのウール製品には特に今回の様な取りきれてない汚れが変化して時間が経ってから黄色く浮き出てきたシミ抜きのご依頼が多いのです。

 

取りきれていないシミや汚れはそのままにしておきますと変化して顕著にシミが現れて来ることもありますので早い段階での水溶性処理が必要になります

色柄物のお洋服の場合でしたら目立ちにくく気が付かないぐらいの黄ばみではありますが、淡色系のお洋服でしたら見つけやすいので気になりやすく目立ちます。

黄色系の分かりずらいお洋服の場合にはついついそのままになってしまう傾向があります。

そうなりますと次に使用するシーズンが来るまでの一年間をクローゼットの中でお洋服は過ごす事になり、うっすらとでも残った取りきれていないシミや汚れは一年経つ間に変化して色が濃くなり顕著にシミが現れて来ることもあるんですね。

この様に保管中に黄ばみが発生しているのを発見した衣類やインテリア類は、通常のお洗濯では落とせなかったシミですのでかなりガンコなシミの場合も多いですから早めにチェック致しましょう。

今回のシミも時間が経って浮き出てきた古いシミだとは思いますが、まだうっすらとシミの色が薄い状態でしたので綺麗に取り除く事が出来ました。

ですが黄色いシミが金色の状態に近い場合にはお洋服の色(色素)にもダメージが発生しておりますので、シミを取り除けたとしても傷んでしまった色(色素)がシミと一緒に抜け落ちてしまい変化してしまう事があります。

勿論その下にある生地も傷んでおりますとウールが痩せてしまい生地が薄くなってしまう事も考えられるんですね。

この様な観点から目に見える状態のシミを見つけましたら簡単にはシミが落とせない状態になっている事が多いですので早めにしみ抜きの対応を致しましょう!

ではでは~。

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。