濃色の夏物衣料の襟部分や脇部分の汚れやシミや変色をそのままにしておくとお洋服の色が壊れてしまうかも

※酸化=物質が酸素と反応して変化してしまう事、見た目には変色などの状態で現れる事がある

はい、今はまだまだ雨の日が多いですがこれから着用する予定の夏物衣料の衣替えはお済でしょうか?

昨年に使用した時にメンテナンスをシッカリとしていなかった場合には、特に濃色の製品ですと襟部分や脇部分から変色が起こり色が変わってきてしまいます。

その色が変わった状態をそのままにしておりますと、余計に色の境目がはっきりと見えて目立ってきます。

そしてこの状態はお洋服にとっても良くない状態なのです。

色が変化する原因は生地の色は化学的に変化してしまったからなのですが、厄介なのはその色の変化する化学作用によりお洋服の色(色素)や生地(生地の組成)が壊れて続けてしまう事なんですね。

おはようございますオノウエです。

もしも、お洋服の色の変化に気が付きましたらそれ以上酷くなってしまう前に何とか致しましょう!

 

襟部分や脇部分の変色は汗の成分が変化してしまったタンパク質や色素が酸化した結果ですので簡単には取れませんから気づいたら早めに取り除きましょう

クリーニングやお洗濯で完全に取り除けなかった汗等の影響による変色の場合は、汗のタンパク質や皮脂の脂が酸化してしまった場合が多いです。

濃色のお洋服の場合ですと酷い場合にはその傷んでいる状況が目に見えて顕著に確認出来ますが、見た目には殆ど分からない場合もあります。

その見た目には何の変化が無い状態でも色が壊れてしまいますと、洗った拍子に壊れて生地から離れている色(色素)が溶けだし滲んだり薄くなったり無くなったり致します。

それが色移りや変色の主な原因なんですね。

それ以外にも生地のシミに部分的な過度な洗剤や漂白剤の効果を与えてしまいますと、酸化した状態と同様に生地の色が傷んでしまい同じ様に色(色素)が溶けだし滲んだり薄くなったり無くなったりする事もあります。

ですので、過度なお洋服に対するダメージは例え汚れやシミを取り除く為とは言え出来るだけは避けたいですね。

今回お預かりのストライプ柄のお洋服の脇部分の変色ですが、色の濃い部分から色が滲んでこない様に白い部分だけをピンポイントで強力処理した後に色生地の部分のは弱い漂白を行い変色を取り除きました。

お家でのシミや変色に対する対応ですとどうしても全体の漬け込み等でしか対応出来にくい為に、お洋服全体に効果が及んでしまい大丈夫な個所まで色が薄くなったり等の余計なダメージを与えてしまいます。

プロならこの様に生地の状態に合わせた部分的なシミ抜きや漂白処理も可能ですので是非ともご相談下さいね♪

〇当店へのネットでのご依頼はコチラ ⇒【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。