濃い油の様なシミが淡色のデリケートな生地に付いてしまったら擦らない様に気を付けましょう

お家のお洗濯では取れなかった油汚れは擦らずにクリーニング屋さんに、お持ちくださいませ

はい、今回お預かり致しましたシミ抜きのご依頼は、白に近い淡色グレーのブラウスに付いてしまった油の様な濃いシミです。

油の様なと言うよりも正に油なのですが、お家では普通に洗うだけでは取り除く事は出来ません。

水溶性の食べこぼし等の汚れは水を使ってお洗濯すれば取り除けますが、油はお家では油で洗う訳には行きませんので中々取り除く事が出来ません。

そこで!

活躍するのが界面活性剤です。

食器洗い洗剤等には油汚れを取り除く為の界面活性剤が入っております。

それを油シミの部分に付けて歯ブラシで叩いて(絶対に擦らない)浸透させてから、お洗濯すればお家でも油シミを取り除く事がある程度は出来るんですね♪

おはようございますオノウエです。

デリケートな生地に付いてしまった油の様なシミを取り除く時には最新の注意を払いながらシミ抜きやお洗濯を致しましょう。

 

厚みのある濃色のお洋服等に取れそうにない油汚れが付いた場合にはお家のお洗濯で気を付ける事があります

先程もお伝え致しましたがその気を付けたい事とは「生地を擦らない事」です。

水溶性の食べこぼしのシミはお家のお洗濯で水洗いすれば食べ物の成分は落ちます。

その後に残るのが油や色(色素)です。

油のシミは生地に付いてしまいますと生地の目に沿って染み込んだ様に濃く見えます。

色(色素)はカレー等でしたら黄色やミートソースでしたら赤色が残りますが、色は殆どの場合にほ取り除く為に漂白処理が必要になってきます。

お家でのお洗濯では取り除けない場合には是非共ご相談くださいね。

もしも、食事の際に料理油がお洋服に付いてしまった場合には、出来れば早めにクリーニング屋さんのシミ抜きで対処致しましょう。

【お家でのお洗濯や他店の染み抜きで取れなかったお洋服の染み抜きのご要望はこちら】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。