着用して気になる袖口リブの蓄積しやすい黒ずんだ汚れの正体は簡単には落ちない水に溶けない汚れなのです

袖口リブの黒ずんだ汚れの殆どは水にも油にも溶けないミクロの固形物質であるスス(煤、カーボン)汚れなんですね

はい、ジャケット等の袖口のリブは汚れ付き易い割には洗っても中々取れにくい汚れなんですね。
袖口リブの黒い汚れが取れにくいのには理由があります。

先ずは生地自体が蛇腹状で凸凹している場合も多く腕に付いた皮脂汚れ等を拾いやすいです。

その拾った皮脂汚れの中には露出している手首の肌部分に外部から付いた空気中のスス(煤、カーボン)もあるんですね。

実はそのスス(煤、カーボン)こそが落ちない汚れの最大の理由なのです!

おはようございますオノウエです。

生地がお肌に直接スレる部分にはお洋服の生地に皮脂汚れが付きます。

その皮脂汚れが接着剤の代わりとなり、空気中に漂っている排気ガスや油煙や車のタイヤのカスであるスス汚れを拾います。

そうしてお洋服の生地に定着したスス汚れが、洗っても中々取れにくい袖口リブの黒い汚れの正体である場合が多いんですね~。

 

黒いスス汚れの成分は水にも油にも溶けない不溶性である場合が多く更には汚れが非常に溜まりやすい生地ですと取れにくいのです

では、その黒ずんだ汚れを取り除く為の一番効果的な方法は何なのでしょう?

実はその方法は昔からあります。

墨を取る時には米粒を塗りこんで、米粒に墨を移してから洗って取ったら良いとお婆ちゃんの知恵袋的に聞いた事はありませんか?

米粒にはセルロースなどの成分が入っておりその成分が黒い汚れを吸着致しますので、そのまま直ぐに洗えば墨ごと米粒が取れて生地から墨を引きはがして取ってくれるんですね。

この様に昔から水にも油にも溶けない不溶性の汚れは、浮き上がらせた後に洗う等の物理的な衝撃を与えて取り除く事が1番有効だと分かっていたんですね。

今回の袖口リブの黒い汚れは最新式の染み抜き機械とセルロースに似た薬品を使用して、部分的に浮き上がった黒ずんだ汚れに物理的な力を加えて生地にダメージを与える事無く取り除きました♪

その後に生地が黄色くなっていたりする場合には、皮脂汚れが酸化して生地が変色した黄色いシミの様な変色の可能性が高いです。

その場合には黄色く見えるのは殆どの場合が色素ですので、黄色いシミにはしみ抜きによる部分的な漂白が必要となります。

と言う訳で1度でもお洋服を着用致しますと襟元や脇の部分等の稼動する関節部分には必ずと言っていいほど汗を掻き、そこに汗や皮脂の成分が付き更には取れにくい黒い汚れも付いてしまうんですね。

「お家のお洗濯では取れない汚れやシミがあるの。。」そんな時には是非ともご相談くださいね。

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。