ネクタイをクリーニングしてもらってもしみ抜きで頼んでも濃い黄ばみは綺麗にならないと思ってはいませんか?

ネクタイは非常にデリケートなシルクで出来ている場合が多い為に生地的な取り扱いはお着物と同じ扱いです

はい、ご存じの通りネクタイにもしも食べこぼしのシミが付いてしまいますと、その取り扱いは難しくついつい応急処置などで擦ってしまい色を白けさせてしまいがちです。

その染み抜きではクリーニング屋さんでも経験のあるシミ抜きの得意なお店でないとしっかりとシミを取る事は出来ない事が多いお品物なんです。

シルクの色や生地はその性質上水分には弱く飲み物や汗等の水分が長く付いてしまいますと、色が薄くなったり滲んだりするケースが多くその状態でおしぼり等で擦ってしまいますと更にダメージも受けやすいのです。

おはようございますオノウエです。

生地を擦ってしまいますと糸がささくれて擦り切れたりして白っぽく毛羽立ったりも致します。
その現象を生地の細分化やフェブリル化と言うんですね~。

 

クリーニング頻度の低いネクタイは染み抜きも出来ないし洗えないと思っておられる方も多くメンテナンスが殆どされていない場合も多くあります

お洋服を洗わない状態が長時間続きますとネクタイに限らず弊害の悪循環が起こります。
そこでダメージを受けてしまうのが、「色(染色)」や「生地」なんですね。

色は擦れにより傷んでしまったりしている状態に水分が長時間付いてしまったり、シミが長時間付いてしまう事によってその状態が続きますと酸化してしまい色が抜けたり変色したり致します。

色が痛むと同時に生地(シルク)も汚れやシミが付いたままの状態が続くと、シミの酸化により生地が傷んだり色が無くなって変色したり生地が裂けたり破れたりする原因になってしまいます。

そして食べこぼし等のシミは虫害に遭いやすいく、衣類の害虫の恰好の餌になってしまい狙われてしまいます。

この様なリスクを避ける為にもネクタイの汚れやシミは、染み抜きの実績をホームページやブログ等で確認出来るお近くのクリーニング染み抜きプロショップに相談致しましょう。

今回お預かり致しましたネクタイに発生しておりました、「何時付いたのか?」「何時浮き出てきたのか?」全く分からないかなり古いシミも綺麗に取り除く事が出来ました♪

もちろん当店でもネクタイの染み抜きや色汗等も色修正する技術がありますので、ネクタイやお着物等のデリケート素材に関してお困りの際にはどうぞご相談下さいませ。

ではでは~。

〇遠方のネクタイシミ抜きのご依頼はこちらからお願い致します。
↓↓↓↓↓↓↓↓
【気になるお気に入りのネクタイの染み抜きご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。