お洗濯では残ってしまう黒い汚れの正体は水にも油にも溶けない固形物質かも

お家の洗濯では残ってしまう黒い汚れのほとんどの場合は水にも油にも溶けない固形物質である場合が殆どなんですね

はい、お家でのお洗濯で何回洗っても変化のない黒っぽい汚れってお洋服に付いていた経験はありませんでしょうか?

実は何回洗っても取れない様な黒い汚れは、水にも油にも溶けない様な固形物質である可能性が高いのです。

水にも油にも溶けないと言う事は漂白剤を使用しても効果は出ずに取れません。

その様な黒い汚れは他にも墨汁や泥汚れ等も同じ種類の汚れに入ります。

おはようございますオノウエです。

取りきれない様な黒い汚れは薄くなっても最後まで残ってしまう事が多いんですね。

 

実はお洗濯で取りきれずに残った黒い汚れのほとんどの場合は固形物質なんです

水や油には溶けないと言う事は、お家の水洗いのお洗濯やクリーニング屋さんのドライクリーニングでも取れないんですね。

いわば水にも油にも溶けない物質とはミクロの大きさの砂粒の様なものです。

それが繊維の隙間に入り込んでしまい、生地の糸が汚れた様に見えるんですね。

その様な固形の汚れを取り除く方法は、お洋服の生地の糸一本一本に入り込んでしまった砂粒を取り除く為の機械を使用いたします。

ですがその前に砂粒を糸から浮き上がらせる為に特殊なシミ抜き溶剤を使用して生地から取れやすく致します。

もう取れないとあきらめていた黒い汚れはご覧の通り殆ど分からないぐらいに取り除く事が出来ました。

もしも汚れやシミが自分でやっても取れないなと思った時にはそれ以上は出来るだけ触らない事が重要です。

色が薄くなったり白くなったり、生地が薄くなったり破れてしまってからではもう遅いですのでその前にどうぞご相談下さいませ♪

「クリーニングISEYAのメールによる問い合わせ」

ではでは〜。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。