昨年に着用しても汚れていないと判断してそのままクローゼットに保管している冬物衣料はございませんか?

お洋服を着用した後にそのままクローゼットに直して着用する季節になってから洗って染み抜きをして着用する事を「着用前洗い」と言います

はい、実はこの「着用前洗い」と言う着用しても汚れていないと判断して、そのままクローゼットに次のシーズンまで直して保管するスタイルは曲者でしてシミや変色の原因になります。

お洋服には少なからず着用すれば自分以外の外的要因でも食べこぼしのシミが付いていたり、汗を少しでもかけば皮脂汚れが襟首や袖口に付着してしまいま。

通常なら衣替えのタイミングでクリーニングを行うのですが後でクリーニングしようと思っている内に忘れてしまい、気が付けばもう時期を逃してしまいクリーニングメンテナンスをせずにそのまま一年間放置してしまう事もよくあります。

おはようございますオノウエです。

放置してしまうと少量のシミや汗から生地が変色したりシミが浮き上がってきたり、最悪の場合にはそのシミに衣類の害虫が付いてしまったりするんですね~。

 

毛足の長い高級獣毛衣料(カシミヤ・アンゴラ・モヘヤ)は特に皮脂汚れや食べこぼしの汚れをそのままに保管致しますとその間にシミになったり変色したり虫食いが発生してしまう事があります

今回お預かりのお洋服は毛足はありますが合成繊維(化学繊維)のお洋服でした。

合成繊維は化学薬品で作られておりますのでタンパク質も含まれておりませんし、衣類の害虫もその生地を食べて栄養補給は出来ませんので食べません。

しかしそれは綺麗な状態のお洋服の場合です。

実はこの様な合成繊維でも食べこぼしや皮脂汚れが付いておりますと、衣類の害虫はその食べこぼしや皮脂汚れに栄養を求めてシミと一緒に生地を食べてしまう事もあるんですね。

ですので、そうならない為にもクローゼットにしまう前に洗う「仕舞洗い」が重要なのです!!

今回のお洋服にはシミが保管中に沢山浮き上がってきてしまっておりましたが虫食い被害はありませんでした。

ですが、かなりシミが酸化しており変色度MAXの濃い色に変化しておりましたので、生地にダメージを与えずに取り除くには中々の頑固なシミでした。

ですが綺麗になりましたよ♪

長い時間をかけて浮き出てきたシミは突発的に付いてしまった等のシミとは違い非常に取れにくい頑固なシミなので、クローゼットに直す前にはシッカリと洗って染み抜きしてからクローゼットにお直しする「仕舞い洗い」を致しましょう。

ではでは~。

「古い汚れやシミを見つけた時のメールお問い合わせはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。