袖口の淵が擦れにより黒ずんでしまう折り目の部分にはスレ等のダメージが発生しやすく皮脂汚れも集中して付きやすいのです

スレ等のダメージにより黒くなり生地が削れて破れやすくなってしまっていますので無理にお洗濯時に擦ったりしない様に致しましょう

はい、白いお洋服が最も汚れやすい箇所と言えば真っ先に思い浮かぶのが襟元と袖口ですね。

その両方の部分はお肌が直接触れやすく皮脂汚れが付いてしまいやすい部分ですので、凸凹した生地や折り目の部分等に沿って黒い筋が付き易く黒ずんでしまいます。

そんな時についついやって仕舞いがちなのが「力任せに擦る」という事です。
力業は衣類にダメージが発生する直前までは有効な方法とは思います。

確かに黒い汚れは煤(すす)などの細かいカーボン(炭素)ですので、お洗濯ししても水にも油にも溶けませんから物理的な力で取り除く事が最も有効な方法ではあります。

洗濯板とかの効果がそうですよね。
生地や糸の間に入った煤を擦る事によって掻き出して汚れを取り除きやすい道具です。

おはようございますオノウエです。

しかし、それは昔のお話し。

今のデリケートなお洋服でその様な「力任せに擦る」事をして洗ってしまいますと、生地の目寄れや糸の切断や色の変化などの弊害が起こりやすいんですね~。

「力任せに擦る」場合には色々と注意が必要なのです。

 

皮脂汚れは時間が経ってしまいますとお洗濯で取り切れなかった汗や皮脂が酸化して黄色くなってくる可能性があります

因みに黄色くなってしまったお洋服の生地に付いている黄色い色素は既にシミではなく変色になっている可能性が高く、取り除く為には漂白などの処理が必要になり時間が経てば経つほど手間がかかってしまう状態になります。

生地の色が白ではない場合ですと更にダメージを受けてしまった色自体を色修正(染色補正)という特殊技術でお直ししなければならなくなる場合もあるんですね。

今回お預かりのシャツ袖口の黒い汚れと黄ばみは白いシャツでしたので色抜けの心配もなく綺麗に煤と黄ばみは取り除く事が出来ました。

もしも生地が擦り切れてしまっても袖口の場合には切り返し部分から取り外して、新しい袖口を取り付ける特殊リフォームをする事でお直しする事も可能です。

生地の傷みは起こってしまいますとリフォームでお直しする以外には直す事が出来ませんが、まだ生地にダメージの発生していない段階の汚れやシミや変色ならある程度は取り除く事が可能なのでお声掛け下さいね♪

ではでは~。

【遠方からでもお近くからでも配送のしみ抜きクリーニングご要望はこちらです

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。