襟部分にお肌が直接付いた皮脂汚れや汗は微量でもそのままにしておくと変色してしまう可能性が高くなります

襟部分の色は汗等の影響により色が変化する事が起きやすくスレや汗のダメージを蓄積しており色素(色)が弱っておりますとお洗濯時に汚れと同時に傷んだ色まで取れてしまいます

はい、今回は淡いグリーンコートの襟部分の変色をどうにかして欲しいとのご依頼をお受けいたしました。

基本的にこの様な状態になってしまう襟元の変色の原因の殆どが、着用後にメンテナンス不足でクローゼット等に長期間保管したお洋服の場合が多いです。

アウターのお洋服の襟はジャケットやシャツを着用している状態でも、どうしてもお肌が直接付いてしまうタイミングがあります。

その時には皮脂汚れや汗が微量でも付いてしまい、ついつい目には見えませんのでお洗濯をするまで間隔が空いてしまいそのままメンテナンスを行わずにシーズンを越してしまいます。

おはようございますオノウエです。

そうなりますとどうしてもお洋服は皮脂汚れや汗が付着している部分から徐々に変色してしまう可能性が高くなってしまうんですね~。

 

お洋服にはほんの少しの時間でも汗をかかない程度の気候でも着用すれば必ず多かれ少なかれお洋服には皮脂や汗が付着しそのほんの少しの皮脂や汗の成分が時間と共にお洋服に変化をもたらします

襟元や袖口には汚れが付いている状態ですと色が濃く見えて、汚れを取り除けば何も問題なく生地が綺麗になると思われがちです。

ですが色が落ちやすい状況というのがその汚れている状態が長く続いている事で起こります。
長時間汚れている状態が続く事によって色が酸化してダメージを受けてしまいます。

その状態でお洋服にお洗濯やクリーニングや染み抜きを行いますと既に傷んでしまい弱っている色が汚れと一緒に洗剤に汚れと認識されお洗濯時に色が剥がれ落ちてしまうのです。

今回の襟の黄ばみの修正は黄色い色素を部分漂白により出来るだけ取り除いた後に、黄色い色を抑える事の出来る特殊技術の色修正でお直し致しました。

汚れた襟や袖口の色が濃く見えるのは、皮脂や汗の汚れの影響でお洋服の襟や袖口部分に起こった油分のグリース効果が色を濃く見せているのです。

これで見た目には殆ど分からなくなりましたので、また着用して頂ける状態になったと思います。

今回の様な生地の色(色素)が変化してしまったお洋服の襟や袖口の生地でも、変化してしまった色を修正して目立たなくしたりする事は可能です。

もしも保管中から着用しようと思ってお洋服を出した時に変化に気が付いた場合には、色を元の状態近くまで復元して近づける技術である色修正(染色補正)で直す事が出来るかも知れませんのでその時にはご相談下さいね♪

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニングのご要望はこちら】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。