お家でもクリーニング屋さんでも毎日洗っていたとしても取り切れない黄ばみは少しずつお洋服に残って存在致します

お洋服の生地にずっと落ちずに付いている黄ばみを落とすには全体的な洗剤や漂白剤の漬け込みよりも部分的な特殊染み抜きが有効です

はい、白いお洋服に付いているほんの少しだけの点みたいな黄ばみで、何度洗っても取れない気になる黄ばみってありますよね。

ほんの少しだけど気になる黄ばみ

お家で行う黄ばみ取りと言えば大体の場合には洗剤に漬け込んだり漂白剤に漬け込んだり致しますが、この方法って全く汚れていない黄ばみの付いていない部分も一緒に漬け込んでしまいます。

そうなりますと何ともない綺麗な部分にまで洗剤や漂白剤の作用が働き、より白くなって黄ばみとの色の落差は縮まらないという現象が起こってしまう事もあります。

おはようございますオノウエです。

生地自体も漬け込みによる過度な洗剤力や漂白力によって傷んでしまったりする事もありますので気を付けないといけませんね。

 

お洋服にうっすらと残った取り切れなかった黄ばみだけを部分的に取り除きたい場合にはその部分だけに染み抜き力を作用させないといけません

 

 

部分的な黄ばみの場合にはその部分だけをピンポイントで染み抜きする事で、他のきれいな部分の生地と見た目を調和する事が可能です。

お肌が直接触れる部分以外にも取り切れなかった食べこぼし等のタンパク質のシミは、いつの間にか保管中に数年かけてシミが浮き出て目に見える黄ばみが発生する事があります。

突然に何もなかった部分には黄ばみは発生致しません。

やはり何らかの黄ばみが発生する原因になる黄ばみの元の成分が付いていた事が原因だと思われます。

保管中に起こる温度や湿度の影響で変化したり、はたまた化石燃料によるガスや防虫剤のガスによって変化する事もあります。

これらの事は保管中の環境を風通し良くしたり換気する事によっても改善出来ますので、たまには締め切っているクローゼットの環境にも気を付けましょう。

カビ等は水分があれば水に酵素をかけて栄養分を取り入れて繁殖し、目に見える様になり生地に変化をもたらします。

これらの事は全て保管中のお洋服に良くない環境による場合が殆どですので環境の改善にも力を入れましょう。

後から出てくる黄ばみは時間を掛けて出来たものが多く、そんな黄ばみは頑固で取り除くのに難儀致します。

いつ付いてしまったのか見当もつかない黄ばみを見つけた場合には、早めにシミ抜きするに越した事はありませんが時間が経ってしまっていても取れる事がほとんどですので先ずは何もせずに直ぐにご相談下さいませ。

「お洋服の黄ばみが取れない時のメールでのお問い合わせはこちら」

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。