衣替えのお直し時に取りきれていないシミは時間が経ってから黄色く浮き出て来ることもあります

衣替えの時期に多いシミ抜きのご依頼は時間と共に生地の色が変化してしまった黄色く浮き出て現れた黄ばみの染み抜きです

はい、そろそろ朝晩は肌寒くなってきましたね。

このままですと秋を直ぐに通り越して冬がやってきそうですが衣替えの準備はもう始まっておりますでしょうか?

保管の際に気を付けなければならない事は衣替えのお洋服をお直し時に取りきれていないシミがそのままになっていないかです。

おはようございますオノウエです。

クリーニング屋さんで衣替えのクリーニングをお願いする場合には最後の砦ですので、シッカリとお洋服にシミや汚れが無いか相互確認を行ってシミを見つけて下さいね。

もしもシミや黄ばみを発見した場合には、特殊染み抜き等で取り除いてシーズン保管中に黄ばみ等が出てこない様にメンテナンス致しましょう♪

 

取りきれていない時間が経ってから部分的に黄色くなってきたシミは見つけ次第に取り除く事をお勧め致します

お家でのお洗濯で取り切る事が出来ずに薄く残った食べこぼし等のシミは、長時間保管中にシーズンを跨ぎますと変化して顕著にシミが現れる事があります。

もしもシミを発見した場合には出来るだけ早く取り除く事をお勧め致します。

何故ならシミは生地の一番上にある色から徐々に酸化させて壊していくからなのです。

そして色を破壊した後には生地にもダメージを与えてしまいますので、うっすらとでも残った染みをそのままにしておきますと後に弊害を起こす可能性もありますのでシミに気が付いたら出来るだけ早めに取り除きましょう!

勿論の事ですが、もしも変色してしまったりした場合でも今回の様な部分的なピンポイント特殊染み抜きで対応する事は可能ですので気になるシミを見つけた場合にはお声掛け下さいませ♪

ではでは~。

【遠方からの秋の衣替え染み抜きご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。