お洋服に付いている洗濯表示がドライクリーニング✖の場合にはドライクリーニングは出来ないという表示です

同じ様にお洋服に付いている洗濯表示が水洗い✖の場合には水洗いは出来ませんと言う表示です

はい、お洋服に付いている洗濯表示は繊維製品の取扱いに関する表示記号が記載されています。

その表示はピクトグラムと言う絵文字と数字で構成されており、今では日本独自の洗濯表示から世界基準の洗濯表に変わりました。

基本的なお洋服の情報が記載されておりますので、こちらを確認する事でお洗濯で使える方法が確認出来るんですね。

その洗濯表示にドライクリーニング✖のドライクリーニングの表示がありますと、クリーニング屋さんでのドライクリーニングは出来ないという事です。

水洗い✖の場合には水洗いは出来ませんと言う事になりますので、その場合にはドライクリーニングが出来る表示になっていたり致します。

おはようございますオノウエです。

中にはドライクリーニングも水洗いも出来ない洗えない洋服も存在致しますので、購入時にはチラッとでも洗濯表示タグを確認する事をお勧め致します♪

 

ドライクリーニングが✖の製品の場合には油性の洗浄は勿論の事シミ抜き処理にも油性の薬品を使用した場合には弊害が起きる可能性がありますので油性の染み抜きは向いていないという事です

お家で洗っても取れないお洋服の生地が濡れた様に見える油のシミってありますよね。

洗っても取れない食べ物由来の油シミは、普通に水洗いしただけでは洗い上がったお洋服に水に濡れた様な油シミが残ってしまう事があります。

もしも洗濯表示ではドライクリーニングが✖の表示でも生地の種類や特性を知る事で、ピンポイントの染み抜きを行う事によってプロの染み抜きの場合には取り除く事が可能な場合もあります。

洗濯表示はその記載されている内容通りの事を行って弊害が起こった場合には、製造販売した会社がある程度は責任をもって対応しますと言う表示です。

しかしながら現実には何処でどの様な事が起こってお洋服に弊害が起こったのかは特定しにくいのでその対応は製造販売した会社によって様々です。

ですので、ましてや洗濯表示に記載されていない事や記載されている内容と違う事を行って、お洋服に弊害が起こった場合には一切の対応は出来ないという製造販売会社が殆どです。

なので洗濯表示は邪魔でも切り離さずにつけたままにしておいて下さいね~。

今回お預かりのお洋服は濃く見える油のシミ部分だけをピンポイントで取り除いた後に全体洗浄して綺麗に取り除く事が出来ました。

お洋服の洗濯表示タグからでも沢山の情報を得る事が出来ますので購入時などにはチラッと確認する様にして下さいね♪

 

「お家でのお洗濯で油のシミが取れない時のメールでのお問い合わせ」

あと、こちらでお家でのお洗濯時の簡単5分で出来る染み抜き方法を伝授いたしますので、毎日のお洗濯で気になる方はお声掛け下さいね~♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。