ウールのセーターやカーディガンをお家で洗ったら縮んでしまったけどサイズ復元は出来ますか?

洗った事によって縮んでしまったお洋服はサイズを復元する為に伸びる余裕があればサイズ復元はある程度は可能です

はい、これからの時期ですとウール製品のセーターやカーディガンを着用する頻度は高くなってくると思います。

前はクリーニング屋さんに出していたお洋服でも、今ではお家でおしゃれ着洗いの洗剤や洗濯機のおしゃれ着コース等でお家でのウールのお洋服のお洗濯もある程度は対応が可能になりました。

ですが、

やはり多いご相談が「お家洗いで失敗して縮んだセーターでも修復出来ますか??」と言う様なご相談です。

本来ではお家での水洗いには適さないはずのウール製品の場合、お家で洗える洗濯表示タグが付いているとう事はお家でも洗える様に何らかの加工がされています。

おはようございますオノウエです。

ですのでご相談で持ち込んで頂く縮んだお洋服の殆どの場合にはその加工がされていないお洋服を洗える加工済みのお洋服の様に洗ってしまったので縮んでしまったというご相談が殆どなんですね~。

 

お家で洗えるウール製品には水が浸透しない様に加工が施されているから洗えるので加工のされていないウール製品の場合にはお家で洗えば高確率で縮みます

お洋服を洗うと一口に言っても洗濯機でTシャツと一緒にグルグルと回す洗い方と、シンクやバケツに水を溜めて中性洗剤を使用して手で押し洗いする方法とでは同じ水洗いでも全く違います。

基本的にはウール製品でしたら直接お肌に触れる部分は襟元や袖口等と少ないので、シンクやバケツに水を溜めて中性洗剤を使用して優しく数回手で押して洗うぐらいで十分なのです。

要は生地に水を通す事で汗や汚れの成分を洗い流すんですね。

よくTVや雑誌でも縮んだお洋服を元に戻すのにシャンプーリンス等を利用して、リンス内に含まれるシリコンの作用により糸が絡まってフェルト化した部分を伸ばすという方法が紹介されています。

フェルト化とは水分と摩擦と熱が発生する事によって生地が絡まり固くなってしまう現象です。

着用時には特に脇や膝の裏側の部分に発生しやすく、洗って起こったフェルト化はそれが全体的に表れてしまっている状態なんですね。

そして縮んでしまったお洋服のサイズを復元する為には生地が伸びる余裕が必要なんです。

生地を縦や横に引っ張ってみてまったく伸びない状態であれば、既にフェルト化が最大値まで進んでしまった状態なのでもうどうする事も出来ません。

その様な状態になるともう手の付けようがありませんので、その時には申し訳ございませんが諦めて下さいませ。

ですが!

お洋服が縮んでしまっても、まだ縦にも横にもソコソコ伸びるという場合にはある程度は復元出来る可能性があります。

その時には1点ずつの手作業で部分的に縦と横に伸ばす事によって、お洋服のサイズ修復を時間と手間を掛けて行います。

もしもお洋服がお家洗いで縮んでしまったけど、縦にも横にもソコソコ伸びるという場合にはご相談下さいね~♪

【お洋服がお家で洗った時に縮んでしまった復元のご依頼はこちらにお問い合わせくださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。