古い黄ばみは既に表面の繊維にダメージを与えて生地が変化してるので洗うだけでは取れないんですね

古い黄ばみは普通のコースでクリーニング屋さんに出しても取れません何故なら生地の繊維が変化してシミでは無くなっているからなのです

はい、生地の繊維が変化してシミでは無くなっているのなら何なんでしょう?

もうこの時点では繊維に付いたシミでは無く生地自体の色を変化させてしまっている黄ばみなんですね。

突発的に付いて直ぐの状態がシミなのですが、黄ばみはそのシミが酸化して生地の繊維や色を変えてしまっている状態の事を言います。

ですので洗うだけでは取れない状態になっており、色を取り除く効果のある漂白剤を使用しないと取れなくなってしまっているのです。

おはようございますオノウエです。

長期保管中に浮き出てきた様な黄ばみは特に取れにくい部類の変化になりますので、取り除くにはクリーニング屋さんでの特別な染み抜きコースでのお預かりになります♪

 

 

クリーニング屋さんのドライクリーニングは水で洗うと縮んだり型崩れしたり色が出るようなお洋服を水の代わりに溶剤で洗う方法なので生地の変色である黄ばみは落ちません

クリーニング屋さんのドライクリーニングで落とせるのは油膜や油脂等の「油」です。

お洋服の外側は着用しておりますと空中に浮遊する油煙(油)がお洋服の表面に付着して、その油煙の油が接着剤の代わりをはたし空中のススや粉塵やホコリがお洋服にくっつくので「汚れる」と言う状態になるんですね。

クリーニング屋さんのドライクリーニングはその油分を落とす事が出来るのです。

ドライクリーニング溶剤とは平たく言いますと、衣類洗浄用に特化して精製された「油」の様な性質をもつ「ドライゾール」と言う液体です。

その溶剤によってお洋服に付いて埃が付いてしまう接着剤の代わりになっている「油」を落とせばその表面に付いている汚れは取れるわけです。

一口にドライクリーニングと言っても使用する溶剤には種類があり、洗浄力の強さは溶剤の種類によって違います。

例えば水よりも比重の軽い溶剤もありますしその逆の性質の溶剤もあります。
溶剤の種類や比重が異なる事によって洗浄力の違いが出てくるんですね。

ですが黄ばみは油汚れではありませんので当然の事ながらドライクリーニングでは落ちませんし、お家での水洗いでも黄ばみは漂白作用を掛けない限り取れない訳です。

今回も白系のジャケットに発生した黄ばみは綺麗に取り除く事が出来ました。

ですが生地に金糸や銀糸が使用されている場合には漂白剤を使いますと、触媒反応により酸化作用が激しく起こり黒くなってしまったり消失してしまいますので漂白はしない様に致しましょう。

もしも今回の様な難しそうな生地に出来た黄ばみは、ピンポイントで黄ばみを取る「特殊部分染み抜き」が必要になりますので相談してね♪

ではでは~。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニングのご要望はコチラ

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。