生地に長く付いてしまっているシミはその下にある色素を長い時間を掛けて破壊してしまっているかも

いつから発生しているか分からないぐらいに古そうなシミは生地に長く付いている間に生地や色を変質させてしまっている場合もあります

はい、お家での水洗いだけでは取れないシミってありますよね。

そんな時の殆どの原因の場合にはシミが付いているだけではなく、その下にある生地の繊維や色(色素)がシミの影響によって長い時間を掛けて破壊されている可能性があります。

その場合には生地の繊維の細い糸が腐食してしまい消失する事によって、見た目のボリュームが無くなったり生地が薄くなって見えてくるのです。

色の場合には傷んでしまいますと取れやすい色から順番に無くなってしまい色が変化して見えてきます。

例えば濃色の黒や紺の場合には赤っぽくなってきたり致します。

おはようございますオノウエです。

濃色の生地に付いてしまったシミは無理に取り除こうとして生地にダメージを与えますとあっという間に変色したり穴が空いてしまう事もありますので取り扱いにはご用心です!

 

お洋服の生地に与えるダメージは最小限にシミに対する効果は最大限にする事が可能なシミ抜きが特殊部分染み抜きなのです

古い時間の経ってしまっているシミは取り除こうと致しますとお洋服にダメージが発生してしまう事も多いです。

全体的な処理である洗うという行為や漬け込むという行為も、全体的には綺麗になりますが肝心の取り除きたいピンポイントのシミが取り除けない事もあります。

その様な場合にはそのピンポイントのシミ部分には別の染み抜き処理が必要になってくるんですね。

それはプロのお仕事になります♪

今回のお家では取れなかった古いシミや汚れも綺麗に取り除く事が出来ました。

自分で取り除く自信と経験がない場合には無理はせずに、生地や色にダメージを与える前にプロにおまかせ致しましょう。

ではでは~。

【古い汚れや染み抜きのご相談ならこちらまでご連絡くださいませ

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。