長期間保管中に浮き出てきた無かったはずの黄色いシミが全体に浮かび上がってるのに気が付いた

長期間保管中に浮き出てくる様なシミは基本的には元々から目には見えない汚れが付いておりそれが時間を掛けて浮かび上がってきたシミです

はい、長時間保管中に現れた黄ばみ等のシミは基本的には元々から目には見えない汚れが付いておりまして、その汚れが湿気や温度の変化によって浮かび上がってきます。

時間を掛けて浮かび上がってきた現れたシミは黄ばみやシミは、お家でのお洗濯や漂白でもクリーニング屋さんのドライクリーニング等で洗うだけでも取り除く事は出来ないんですね。

そんな頑固な黄ばみでも取り除く方法はクリーニング屋さんにはあります。

おはようございますオノウエです。

大変落ちにくい長期間保管中に浮き出てきた様な黄ばみやシミの場合には、段階的にシッカリと表面の油膜を取り除いた後で水溶性の汚れも取り除きその後に黄ばみの色素である「黄色」を取り除く事で綺麗になるのです!

 

お洋服全体に広がる様な黄ばみは殆どの場合には洗う事だけでは無く漂白処理を行わないと取り切れない場合が多くそれでも取れない場合には部分的に強力な漂白を行って取り除きます

シミの色の中でも1番落ちにくい色が「黄色」ですので家庭での漂白処理では限界が有り、長時間の保管中に出て来た様なシミの場合には取り除く事はかなり困難なのです。

口コミやネットで調べてお洗濯したし漂白もしたけど全然取れないとのご相談もよくあります。

どんなシミでもそうなのですがご家庭やクリーニング屋さんで、取り切れていない染み抜き処理をしてしまいますと生地の繊維に定着してかなり取れにくい状態に更に変化してしまいます。

そんな時にはご相談頂きます時に、お家で行った黄ばみ取りや染み抜きの経緯を教えて頂けますとこれから行うお家では取り除けなかったシミを取り除く為の方法や薬品選びに非常に参考になるんですね。

今回は真っ白はお洋服でしたので「色」に関しては問題はありませんでしたが、お洋服全体に広がっている様な頑固な黄ばみの場合ですと注意点があります。

それは色柄物のお洋服の場合です。

時間を掛けて発生した黄ばみが白い生地部分以外の色柄生地部分にもダメージを与えている可能性があるのです。

染み抜きや漂白を行う事によっては黄ばみと一緒に弱って壊れてしまった「色」も取れてしまう場合があるんですね。

そんな時には無くなってしまつた「色」をもう一度入れ直す「色修正(染色補正)」の特殊技術でお直し致します。

今回の様に長期保管中に出てきてしまった黄色いシミや黄ばみは、もしもお家で染み抜きにチャレンジした場合には一回目のチャレンジで取れなかった時点でご相談下さいね。

そのタイミングならどうしてもリスクのあるお品物もありますが、まだ生地に負担を与える事無くシミを取り除く事が可能かも知れませんので是非ともお声掛けくださいませ。

ではでは~。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニングのご要望はコチラ

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。