長時間保管中に現れた黄ばみ等のシミは生地にダメージを与えてながら色を変化させております

時間が経ってから現れた黄ばみやシミはお家でのお洗濯やドライクリーニング等で洗うだけでは取れないのです

はい、お洋服を久し振りに出して見たら無かったはずの黄色いシミが点々と付いてしまったいた。
そんな経験をされた方も沢山おられると思います。

その場合には大変落ちにくく長期間保管中に浮き出てきた様な黄ばみやシミの場合には、殆どの場合には洗う事では無く漂白処理を行わないと取り切れない場合が多いです。

更に漂白でも生地全体の繊維に浮き出てきた黄ばみやシミが生地にダメージを与えている可能性がありますので、出来るだけ生地にダメージを与えずに行う必要性があります。

おはようございますオノウエです。

そうなりますと染み抜きが出来るクリーニング屋さんの特殊技術である、部分的に黄ばみやシミを取り除く事の出来る部分染み抜きがが有効になってくるんですね~♪

 

シミの色の中でも1番落ちにくい色が「黄色」で家庭での漂白処理ではどうしても限界が有りますので長時間の保管中に出て来た様なシミの場合には取り除く事はかなり困難なのです

お家で取れないシミで一番多い色が黄色なのですが、口コミやネットで調べてお洗濯したし漂白もしたけど全然取れないとのご相談もよくあります。

どんなシミでもそうなのですが、ある程度の染み抜き処理をしてしまいますと、その時点でシミを取り除けなかった場合には生地の繊維に定着してかなり取れにくい状態になってしまっています。

そんな時にはお家で行った黄ばみ取りや染み抜きの経緯を教えて頂けますと、これから行うお家では取り除けなかったシミを取り除く為の方法や薬品選びに非常に参考になるんですね。

今回の長期保管中に出てきてしまった黄色いシミも綺麗に取り除く事が出来ました。

もしもお家で染み抜きにチャレンジしてみて一回目のチャレンジで全く変化がない場合にはその時点でご相談下さいね。

そのタイミングならまだ生地に負担を与える事無くシミを取り除く事が可能かも知れませんからね~。

お洋服の種類によってはどうしてもリスクのあるお品物もありますが、「特殊部分染み抜き」なら対応が可能ですので是非ともお声掛けくださいませ。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニングのご要望はコチラ

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。