長期保管中に浮き出てきた黄ばみの場合には漂白処理を行わないと取り切れない事が多いです

時間が経ってから現れた黄ばみやシミはそのままに致しますと更に時間を掛けて生地にダメージを与えてながら色を変化させてしまいます

はい、お洋服の色の中でも一番最初に抜けやすいのが「青色」で一番抜けにくい色が「黄色」です。

その「黄色」はお洋服の襟回りや袖口周り等の黄ばみでも代表される、シミの色の中でも1番落ちにくい色でもあります。

「黄色」を落とすには漂白処理を行わないと取り切れない事が多いのですが、ご家庭での漂白処理では行う場所や水の温度やその後に濯いだり仕上げたりする工程にはどうしても限界が有ります。

ですので長時間の保管中に出て来た様な「黄色」のシミの場合には完全に取り除く事はかなり困難なのです。

おはようございますオノウエです。

お家でのお洗濯では取れにくい黄ばみ等は、勿論クリーニング屋さんのドライクリーニングでも洗うだけでは取れないのです。

 

お家での取れないシミで一番多い黄色なのですがやはり口コミやネットで調べてお洗濯したし漂白もしたけど全然取れないとのご相談もよくあります

今回の染み抜き事例ビフォー&アフターはよく見ても分からないぐらいの微妙な黄ばみですが、画像では無く実際に見て見ますと何となく黄ばんだその差は歴然としております。

写真に撮ると黄色って補正が入って見えにくくなりますね。。
撮り方が悪いのかな(笑)

どんなシミでもそうなのですがある程度のお洗濯や染み抜き処理をしてしまいますと、その時点でシミを取り除けなかった場合には生地の繊維に定着してかなり取れにくい状態になってしまっています。

もしもお洋服を久し振りにクローゼットから出して見て見たら「無かったはずの黄色いシミが点々と浮き出ていた。。」なんて経験をされた場合には是非ともご相談下さいね♪

分かりにくいですが今回もお洋服に浮き出てきた黄ばみは綺麗に取り除く事が出来ました。

染み抜きが出来るクリーニング屋さんの特殊技術である「特殊部分黄ばみ落とし」なら長期保管中に出てきてしまった黄色いシミも綺麗に取り除く事が出来るかも知れませんのでご相談下さいね。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニングのご要望はコチラ

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。