濃色ジャケットの色が白くなってしまった場合でも色を復活させてまた着用出来る様にする事が可能な場合もあります

お気に入りのジャケットの色が着用による汗や擦れが原因で色が変化してしまってもそれ直せるかも知れませんよ

はい、最近では新しいお洋服を購入するよりも今あるお洋服を如何に良い状態で長く着用出来るかどうかに興味がある方を多くお見受けいたします。

その中でも特に多いご依頼が色の変化を直して欲しいとのご依頼です。

一口に色の変化と言っても、汗や紫外線が原因で色が弱ってしまい変色してしまうケースと、シミを取ろうとして色が抜けてしまったり漂白剤を使用して色が無くなってしまったりとその原因は様々です。

どちらの場合でもお預かりした場合にはそのまま色を修正するのではなく、先ずは油膜を取り除き水溶性の汚れを取り除き洗剤や漂白剤の成分を中和するところから始まります。

既にお家やクリーニング屋さんでお洗濯していたとしても、その時にどの様な方法をどれくらい行ったのかは分かりません。

お料理と同じで先ずは色修正を出来る状態になるまでの下ごしらえが重要です。

なので既に洗っているとしても、申し訳ないですがもう一度こちらで洗わせて頂く事がセットになります。

おはようございますオノウエです。

油膜や、汚れや、洗剤や、漂白剤の成分が生地に残ってしまっておりますと、せっかく色を修正したとしても後に変化が起こる事もありますので先ずはフラットな状態にする事が必要になるんですね~。

 

全体的に白くなったり赤くなってしまった場合のお洋服はシミや汚れではありませんので洗っても染み抜きして漂白しても直る事はありません

生地の表面の色を汚れやシミは一緒に酸化してしまう事によって、一番弱い色の青色色素等から順番に破壊していきますので洗った拍子に色が元の色よりも変化して違って見える事があります。

摩擦などによるスレの場合には色そのものが物理的に削れて無くなるので白くなってきます。

これらの状態になってしまいますと無くなってしまった色を再び足してあげる事が必要になってきます。

そこで!

クリーニングや染み抜きとは違う手法の「色修正(染色補正)」という方法が必要になってくるんですね。

今回の白っぽくなってしまった濃色ジャケットはトルソーに着用して立体的に特殊部分色修正でお直しする事によって再び色を修正してお直し致しました。

もっと全体的に色が変化していたりまだらになっている場合には、製品を丸ごと染める全体製品染めも行っておりますので気になる場合にはお声掛けくださいませ♪

ではでは~。

【画像診断での無料お見積りご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。