一見すると直ぐに取れそうなシミでも生地がシルクの場合には応急処置でも要注意です

応急処置で気を付けないといけないのは生地を擦ってしまう事です、特に濡れている状態でおしぼり等で擦る事は厳禁です

はい、よくある突発的に付いてしまった食べこぼしのシミの応急処置でやって仕舞いがちな事はシミの付いた部分をゴシゴシと擦ってしまう事です。

特に飲食店などで出されるおしぼりには塩素が含まれており、濃色系のお洋服の場合ですと一発で色が抜けてしまいます。

ネクタイの様なシルクで出来ている場合には色以外にも弊害が起こってしまいます。

シルクの生地が白くなるのですがこれはただ単に色が抜けただけではなく生地の白化現象と言われるミクロの繊維が切れてささくれて光を乱反射する為に人間の目には白く見えるんですね。

おはようございますオノウエです。

この事を衣類の専門用語では生地の「フィブリル化」と言います

知ってるとちょっと自慢出来そうな専門用語ですが、出来ればお洋服には起こって欲しくない現象なんですね~。

 

シミは染み抜きの回数を重ねるごとに取れにくくなってしまいますので早めに実績のあるクリーニング屋さんにお持ち下さいませ

クリーニング屋さんでは殆どのお店で染み抜きの受付をしておりますが落ちない事も多くよくご相談をお受け致します。

染み抜きの出来る指標としてはお近くの「京技術修染会」の修復師が在籍するお店ならご要望に応える事が出来る技術がありますのでお調べ下さいね。

勿論の事、私も京技術修染会の修復師の資格を持っておりますのでご相談下さいませ。

今回のシルクネクタイの染み抜きは何も応急処置をされていない状態でしたので綺麗に落とし切る事が出来ました。

複数回の染み抜き処置が行われている場合にはシミの下の生地や色が傷んでしまい、再び染み抜き処理を致しますと色が出て滲んでしまう事や生地が破れてしまう可能性があります。

因みに当店ではこの様なお家やクリーニング屋さんでどうにもならなかったシミを専門に取り除いております。
もちろん起こりえるリスクは全てお伝えして全てをご理解頂いた場合のみお受けしております。

どうぞ諦めないでご相談下さいね♪

ではでは~。
【気になるお気に入りのお洋服の染み抜きご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。