お洋服が変色した時には部分的にお直しする【部分染め】と全体を染める【全体染め】の2種類があります

お洋服の色が変化してしまった場所を部分的にお直しする【部分染め】と全体を染める【全体染め】ってどんな方法でしょう

はい、お気に入りのお洋服の色が変化してしまったという経験はございませんでしょうか?

実は普段の何気ない生活の中でもお掃除中に漂白剤がお洋服に付いてしまったり、バッグ等の擦れによる生地へのダメージが発生して色が抜けてしまう事は日常の中でも起こってしまいがちです。

そんな時にはもう捨てるという選択肢しかな無いと思っている方が大半なんですね。

でも、実はそんな状態のお洋服でもお直しする方法があるんですね。

色が無くなってしまった部分だけをピンポイントで部分的にお直しする【部分染め】は職人が手作業で少しずつ時間を掛けて行う方法です。

それに対して色抜けの範囲が広く広範囲の場合には、製品を丸ごと全体的に染めてしまう【全体染め】があります。

おはようございますオノウエです。

両方の無くなってしまった色を直す方法にはそれぞれのメリットデメリットがあり、その状態や完成した後のお洋服の使い方によってに最適な方法を選ぶ形になるんですね。

 

【部分染め】は職人が手作業で少しずつ時間を掛けて行う方法でコスト高になってしまいますが【全体染め】であればお洋服全体を染めますのでピンポイントでの作業が要らない分お値段は低コストになりますがザックリとした出来上がりになります

今回のブルーのパンツのビフォー&アフターのお仕事は正確に言いますと、瞬間接着剤の染み抜きなのですがその後に瞬間接着剤の影響で抜けてしまった色を【部分染め】で対応しております。

ピンポイントでの色修正を行う場合には繊維の一本一本に全方向から筆による色入れが行われ修正していきます。

その分お仕上がりには時間とコストが掛かってしまいますが、小範囲の部分的な変色や色抜けに対してはかなりの完成度が高い仕上がりになります。

勿論の事全ての状態に対してオールマイティー対応出来る訳ではないのですが、修正前よりも対象の色抜け部分が格段に見えにくい状態にまで仕上げる事はこの様に可能なのです。

それに対して【全体染め】の場合には高温度での漬け込みによる色入れになりますので、細かい作業が要らない分お値段は部分染めに比べると低コストになりお洋服全体が均一に染まる方法です。

ですが全体的に染めますので色の変化した部分も同じように染まり、部分的によく見るとその境目の色の差は出てきます。

ですので条件としては色が必ず現状よりも濃い色になる事と、淡色系には染める事が出来ない事とご希望の色に近づける事は出来ても完全にはご希望の色にはならないザックリとした出来上がりになってしまうという弱点があります。

全体染めの場合には正直染めて見ないと分からない部分もあるんですね。
例えば生地の繊維内にポリエステルが5%以下の場合には洗濯表示タグに記載はありません。

ですのでポリエステルが混紡の生地の場合には、ポリエステルの部分だけが染まらずに浮き出て見える事もありますので染めて見ないと分からない事があります。

【部分染め】と【全体染め】その効果は一長一短です。

【全体染めのビフォー&アフター事例】

 

【部分染めのビフォー&アフター事例】

お洋服を染めるという事は弱点さえ理解して頂ければ部分的に染めてピンポイントに修正したり、全体的に染めて新たなお洋服として着用して頂く事も可能なんですね。

勿論の事、染めのお仕事をお受けする際にはドライクリーニングと、水洗いの汗抜きウエットクリーニング等を行い生地の状態をフラットにしてから行います。

もしもお洋服がどうにかなってしまった場合には是非共ご相談下さいね。

ではこちらお休みのご案内です。

【部分染めと全体染めのご依頼やご相談は2021年1月5日以降にこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

 

予告!!

【職人によるお家でのアイロン使い方講座開催】
2021年2月14日の日曜日15:00から16:30迄開催予定!!
詳しくはまたお知らせ致します。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す