シミの色が黄色から濃いオレンジ色やテカっている金色の状態になってしまいますと既に生地も繊維もかなり傷んでいます

食べこぼし等の汚れは時間が経つ事によりシミの成分はさらに凝縮され繊維や染料にダメージを与え続け変化して変色してしまいます

はい、特にふんわりとした手触りの良い細かく小さな毛足が沢山あるお洋服の場合には、知らずに付いていたりお洗濯で取り除く事が出来なかった様なシミが長期間付いたままになってしまいますと厄介な事になる事があります。

それは、そのお洋服の特徴ともいえる手触りの良い細かく小さな毛足が劣化してしまう事なんですね。

劣化してしまいますとダメージを抑えた漬け込み洗浄でも部分的でデリケートに行う染み抜きでも繊維が耐える事が出来なくなり毛足が痩せてしまう事があります。

おはようございますオノウエです。

特に今回の様な年単位でのかなりの長期保管中に出てきた様なシミは、保管中にジワジワと温度がかかり空気とも反応して色も酸化(酸素と反応して変化する事)して生地の繊維に大ダメージを与えてしまいます。

 

生地の劣化が目に見えて現れるタイミングは洗浄等のタイミングですので洗わない状態ですと変色して生地の繊維が傷んでしまっていても見た目は変わりません

実はこれが非常に厄介な状態なのです!

既に生地の繊維や色には大ダメージを受けている状態ではありますが、何らかのダメージ(お洋服の場合には洗浄等)を受けない限り原形は保っています。

ですが、この状態はいわば「砂の城」の様な状態であり、水が掛かれば直ぐにでも崩れて跡形もなく無くなります。

それが今回の事例の場合の金色にテカった染みの部分なんですね。

洗浄頻度が少ないお品物の場合でも時間と共に縫い糸が劣化してしまい、洗浄致しますと縫い糸が切れてしまい生地がバラバラになってしまう事もあります。

その様なシミは時間が経てば経つほどに生地にも繊維にも色にもダメージを与え続けて取れにくくなりますので、そうなってしまう前にシミを発見した時点で早めの染み抜きをおススメ致します。

生地の傷みが激しい場合にはシミを完全に取り除くまで負荷を与えてしまいますと繊維が無くなってしまう恐れがあります。

ですので、ある程度色が薄まった時点で色修正(染色補正)という特殊技術をつかって人間の目には見えにくく色を修正致します。

これで殆ど分からなくなりましたね。

こうなってしまう前に是非とも早めのメンテナンスをよろしくお願い致します。
その時にはご相談下さいね♪

【遠方の場合の染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。