お使いのバッグは大丈夫でしょうか?実は塗料や生地が劣化するとアチコチに色が付いたり致します

使っていなくても時間と共に生地に使われている塗料が傷んでしまいベトベトになってしまったり剥がれたり致します

はい、本革ではない合成皮革の場合には製造された段階から、空気に触れているだけで使っていなくても確実に劣化が始まっています。

と言う事は、劣化が進んでしまいますと必ず寿命が来るとう事です。

合成皮革に限らず本革製品でも塗料が使用されている場合には、塗料の原料が合成皮革の成分と同じ場合には合成皮革と同じように劣化してアチコチに色が付いたり致します。

今回の染み抜き事例もバッグの淵に使用されている塗料がネバついてしまい、着用中のお洋服に触れて付いてしまったとの事でした。

おはようございますオノウエです。

この様な状態になってしまった場合には焦らず触らず取り合えずご相談下さいね。

 

何も触らなければ塗料系のシミは取り除き易い状態になっていますが一度触ってしまいますと塗料が広がって生地に浸透してしまい取れにくくなってしまいます

特に注意したい応急処置の時にしてはイケない事の一つに、ついついおしぼりやハンカチやティッシュで水分を添加してゴシゴシと擦ってしまう事です。

水分が添加されてしまいますと塗料系のシミやペンキやアクリル絵の具は取り除けるどころか、少しでも溶けてきますと色が広がってしまい生地の糸によりも深く繊維の隙間に浸透してしまう可能性もあります。

この画像の場合でしたら見た感じにもまだ生地の繊維の奥深くまでは浸透しておらず、応急処置により色も広がっている訳ではありませんので取り除ける可能性が非常に高い状態なんですね。

油性の特殊染み抜き処理で温度を掛けながらゆっくりと塗料を溶かして取り除く事に成功いたしました。

今回は何もせずにお持ち頂きましたので比較的に綺麗に取り除く事が出来ましたが、浸透してしまいますと特殊染み抜きでないと取り除く事が出来ない状態になってしまう事が多いのです。

もしも!
今回の様な状態に遭遇してしまった時には焦らず触らず先ずは「何もしない」という事が大事なので、色移りやペンキやアクリル絵の具の場合には触らない様に気を付けましょう。

そうすればプロに染み抜きの依頼をした時に取り除き易くなる場合も多く、生地の繊維に奥深く浸透してしまう前に綺麗に取り除く事が出来ますのでお声掛けよろしくお願い致します。

ではでは~。

ご相談はこちらまでよろしくお願いいたします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す