テカっているように見える古い黄色いシミは生地の劣化により細かい繊維が痩せてしまっています

洗ってもお洋服に残ったシミは放置致しますとタンパク質の劣化により生地の繊維が痩せてしまいます

はい、「生地が痩せる」と言うのはふんわり感を出している繊維から出た細かい糸が擦れ等により毛玉になり減少したり、お洗濯や漂白によって少しずつ細かい毛が消失して生地の一本一本の繊維が少なくなってしまう事を意味します。

毛玉は細かい繊維が擦れの摩擦によりまとまった束になってしまい、それが擦れにより更に丸まってしまった状態を言います。

毛玉は勿論取り除く事は可能ですが、その分毛のボリュームの総量は減ってしまいますので段々とふんわり感は無くなってしまいます。

おはようございますオノウエです。

ウール等の動物繊維の場合には漂白剤やアルカリ性洗剤には弱く、その場合でも細かい毛がアルカリ性洗剤や漂白剤の能力によって溶けてしまい毛の総量が減ってしまいます。

 

部分的な染み抜き時にアルカリ性の洗剤や漂白剤を使用すると生地を消失してしまう恐れがありますので気を付けましょう

特に時間が経ってしまったり過酷な環境の中で長時間放置された古いシミの場合には十分な注意が必要です。

過酷な環境とは極端に言いますとジャングルの様な環境を言います。

実際に生地の耐久力を図る試験で主に合成皮革などの耐久力を図る「ジャングルテスト」と言う方法があり、衣類ボックスの中で意図的に湿度と温度を上げて生地の劣化を短時間で促進させる試験があります。

この様に湿度と温度の変化は、お洋服にとってはあまり宜しくない事と言うのが分かります。

それほど極端な状態ではないにせよクローゼットの中の環境は設置場所によってもかなり変わりやすいです。

保管環境の条件によってはお洋服の生地にダメージを与えやすい環境になってしまう事もあるんですね。

もしも、頻繁にクローゼット内でカビが発生したり色変化や無かったハズの染みが出てくる様でしたら、タンスやクローゼットの位置を変更する事も一つの対策になります♪

今回お預かりしたお洋服も黄色と言いますかかなり時間の経ってしまった金色に近いシミや、オレンジ色のシミが広範囲に発生していましたので一つづつ手作業で取り除きました。

シミは時間が経つと落ちにくくなりますから、そうなる前の早めチェックでしっかりと染み抜きしてケアを致しましょう♪

ではでは~。

しみ抜きのご相談はこちらまでよろしくお願いいたします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。