インクは取り切れいない状態でそのまま洗い続けて着用を続けますと取れにくくなってしまいます

何回洗っても取れないポケット周辺のインクシミをそのまま放置してしまい諦めて着用を続けてはいませんか?

はい、お仕事用の制服でシャツやブラウスの染み抜きのご依頼と言えば圧倒的に多いのが、ポケット周辺に付いてしまったボールペンのインクです。

勿論お家でのお洗濯では落ちにくく、クリーニング屋さんにお願いしても完全にインクが落ちきれずに戻って来る事もあるかと思います。

インクには成分の種類がありましてプロでも一種類の薬品を使用した方法だけですと完全には取れない事もあるのです。

ましてやお家でともなりますと取り切れない事が多いので、大体の場合にはポケット回りにインクが薄っすらと付いてしまっているまま着用しているのが現状なんですね~。

おはようございますオノウエです。

でも実はソレ、適正な薬品を数種類インクの成分に合わせて使用すれば、今まで取れないと思われていた頑固なインクシミでも殆どの場合には取り除く事が可能なのです!

 

制服は見た目の第一印象では重要なアイテムの一つですので出来れば常に綺麗な状態を保つ事がお仕事にも役立つのかも知れませんよ

よくある考え方では、「制服だから多少汚れても仕方ないし、どうせ取れないからこのままでいいか。。」とポケット回りの取れないインクは放置されがちです。

ですが第一印象の顔である制服だからこそ、本当は綺麗な状態を保ちたいと誰もが思っていると思います。

特にポケット回りのインク汚れは何をしても取れない事が多いのでそのままの状態で繰り返し洗浄やお仕上げを行ってしまっている場合が多いです。

そうなりますと、生地の糸にお洗濯で取り切れなかったインクの成分が更に浸透して化学反応や熱も加わりもっと取れにくくなってしまいます。

ですが!
それ実は「特殊染み抜き」行えば殆ど取り除く事は可能なのです。

ポケットの生地は何重にも重なっている場合が多くそれも取れにくい一つの原因ですので、その場合にはその重なった生地一枚一枚を順番に染み抜きして取り除く手間を掛けます。

生地にインクが浸透していればその分取り除くには手間が掛かりますが、生地を一枚ずつ分けて染み抜き処理すれば殆ど完全に取り除く事も可能です。

という訳で制服のシャツやブラウスの胸ポケット周辺に付いてしまった、取り除くのを諦めているインクも取り除く事が可能かも知れませんよ♪

お家では中々対応出来ないシミや取り切れないシミが気になる場合にはこちらまでご相談下さいませ。

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらです】

ではでは〜。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。